「ファントム」の詳しい意味は? 「ゴースト」との違いは?

質問:「ファントム」とは、どういう意味でしょうか?「ゴースト」との違いも教えて下さい。

回答: 「ファントム」の基本的な意味は次の通りです:

  1. 幽霊、亡霊
  2. (まぼろし)
「ゴースト」との違いなど、詳しくは以下をご覧ください。

1. 元の英語

「ファントム」を英語に戻すと "phantom"。

"phantom" の意味は次の通りです:

1.1. "phantom" の名詞としての意味

  1. 幽霊、亡霊
  2. (まぼろし)、視覚や聴覚などで感知できるが実体が存在しないもの(幻視・幻聴・幻覚)、幻想蜃気楼(ミラージュ)
  3. 見掛け倒し(実質を伴わない見せかけの地位・権力・能力など)
  4. 存在するように見えるが実体を伴わないもの全般
  5. 人体またはその一部の模型(医学的な教育に用いる)

1.2. "phantom" の形容詞としての意味

  1. 幻の
  2. 実在しない、架空の

「幻の」の意味の用例

  • a phantom island ・・・ 幻の島、幻影島。 ある時に存在が確認され地図にも記載されたが、のちに消失した島。 「幻の島」の原因は見間違い・測量ミス・捏造など。 実在した島が地形の変化などにより消失する「失われた島(lost island)」とは別物。
  • a phantom limb ・・・ 幻肢。 失った手や足が未だあるように感じること。 脳の神経回路網に原因があると考えられている。
  • a phantom pain ・・・ 幻肢痛。 幻肢に感じる痛み。

「実在しない、架空の」の意味の用例

  • phantom voters ・・・ 架空の投票者(得票数の水増し。不正選挙の一種)
  • a phantom pregnancy ・・・ 想像妊娠

2.「ファントム」と「ゴースト」の違い

2.1. 同じような意味

「幽霊」の意味での "phantom" と "ghost" は大部分のケースでは同じ意味で使えます。
英英辞典で "phantom" を調べると同義語として "ghost" が記載されていますし、逆もまた然(しか)り。

2.2. だが根本が違う

ですが、"phantom" と "ghost" には次の違いがあります:

  • phantom ・・・ 人に感知される存在としての幽霊(あるいは幻)。 感知されない存在は "phantom" ではない。
  • ghost ・・・ 魂(たましい)・霊魂・ソウル(soul)。(*) 人に感知されない霊魂であっても "ghost" であり得る。
    (*) 現代では主に「死者の霊魂」を意味するが、古くは「生者の魂」も意味した。

2.3. 語源も意味が違う

両者の違いは語源でも明らかです。

  • "phantom" の語源 ・・・「幽霊・ビジョン・夢・イメージ・幻想」を意味する古代ギリシャ語の名詞「φᾰ́ντᾰσμᾰ(phántasma)」。(*)
  • "ghost" の語源 ・・・「恐怖・魂・精神」を意味するドイツ祖語 "gaistaz"。
(*)「φᾰ́ντᾰσμᾰ」の由来は「(明るい場所に持ってきて)見えるようにする、示す」を意味する古代ギリシャ語の動詞「φᾰντᾰ́ζω(phantázō)」。

"phantom" の語源の共通点は「認識」で、"ghost" の語源の共通点は「」だと言えそうです。

トップページに戻る