"not" と "don't" の違いは?

Q. "not" と "don't" って、どう違うのですか?

A. "don't" は "do not" が短縮された言葉です。 したがって、"don't" には "not" が含まれています。 "not" と "don't" は異なる言葉というよりも、一方が他方に含まれる関係です。

"not" は何かを「~ではない」と否定するときに使われます。 "don't(do not)" は、その使われ方の1つです。

例えば、"I walk.(私は歩く)" を否定して「私は歩かない」という意味の文にすると、次のようになります:
I do not walk.(私は歩かない。)
"I walk." に単に "not" を加えて "I not walk." とするのではなく、"I walk." に助動詞 "do" を追加し、その "do" に "not" を添えるわけです。 この "do not" を短縮したのが "don't" です。
"do" は「~をする」という意味の動詞として知られますが、疑問文や否定文を作るときの助動詞としても使われます。

"don't" 以外の "not" の用途

"don't(do not)" 以外にも "not" は実に様々な使われ方をしますが、ほんの一例をここに挙げておきましょう:

  • Not me.(私じゃない)
  • Not now.(今じゃない、今はダメだ、今は無理)
  • I am not a child.(私は子供じゃない)

最後の例 "I am not a child." で "don't(do not)" が登場しないのは、使われている動詞がBe動詞と呼ばれる特殊な動詞だからです。 この点について興味がある方は、「"Do you...?" と "Are you...?" の違いをやさしく説明」を参照してください。