"Do you...?" と "Are you...?" の違いをやさしく説明

"Do you...?" と "Are you...?" の違いを簡単に説明します。

"Do you...?"

"Do you...?" は「あなたは...ですか?」と尋ねる疑問文です。

"you(あなた)" を主語とする英語の疑問文の多くは "Do" で始まります。 例えば、"You have a book.(あなたは本を持っている)" を疑問文にするには、先頭に "Do" を付けて "Do you have a book?" とします。

こうして生まれた "Do" と "you" の連なりが "Do you...?" です。

"Are you...?"

"Are you...?" も「あなたは...ですか?」と尋ねる疑問文です。

"Are you...?" は "You are..." という平叙文を疑問文にしたものです。 "You are..." では動詞がBe動詞と呼ばれるタイプの動詞なので、疑問文の作り方が普通の動詞の場合と異なります。

"You are..." を疑問文にするときには、"Do" を文の先頭に追加するのではなく次のように、すでに文中に存在する "are" を文の先頭に移動させます:

"You are a child.(あなたは子供だ)"

  ↓

"Are you a child?(あなたは子供か?)"

こうして生まれた "Are" と "you" の連なりが "Are you...?" です。

Be動詞とは

Be動詞とは、"be" という動詞が人称(一人称の「私」や二人称の「あなた」など)や時制(現在・過去・未来)の違いによって形(つづり)を変化させた一群の動詞のことです。 "be" "is" "am" "are" "was" "were" "been" "being" がBe動詞です。

主語が "you(あなた、あなたたち)" で時制が現在のとき、Be動詞は "be" という元の形(原形)から "are" へと変化します。 この変化のことは「活用」と呼ばれます。

Be動詞については、「基本的な意味は2つ。 Be動詞の意味をやさしく説明」にまとめています。

まとめ

"You" を主語とする文を疑問文とするときに、動詞が一般的なものであれば "Do you...?" となり、動詞がBe動詞であれば "Are you...?" となります。
時制の違いや助動詞の有無などによって、実際にはもっと色々な疑問文が存在しますが、"Do you...?" か "Are you...?" かという問題に限れば、動詞がBe動詞か否かという違いだけです。