「モータルコンバット」の正確な意味は?

質問.: 2021年に日本で公開される『モータルコンバット』という映画がありますが、このタイトルはどういう意味ですか?

回答.:「どちらか一方が死ぬまで終わらない戦い」という意味です。

詳細

「モータル・コンバット」の意味

「モータル・コンバット」は "mortal combat" という英語をカタカナにした言葉で、この "mortal combat" に上述の意味があります。

"combat の意味

"combat" は「戦闘、戦い」という意味です。

"mortal" の意味

基本的な意味
"mortal" は形容詞で、その基本的な意味は「(不老不死の神などと違って)寿命が限られている」です。
"mortal" の対義語は "immortal" です。(参考記事:「「イモータル」の意味は?」)
基本的でない意味
上述の基本的な意味に加えて "mortal" には、「致命的な~」や「(自分か敵が)死ぬまで終わらない~」という意味もあります。
"mortal" の意味は上記で全てではありません。 "mortal" には「(定命の者たる)人間」という名詞としての意味もあります。
"mortal combat" の "mortal" の意味

"mortal combat" は「致命的な戦い」でも意味が通じますが、"mortal combat" は「どちらか一方が死ぬまで終わらない戦い」の意味に捉えるのが妥当です。

というのも、複数の辞書で "mortal" の「死ぬまで終わらない~」の意味の用例として "mortal combat" が挙げられているからです。

"mortal combat" の訳語として「死闘」はどうなのか?

死闘」という日本語は、"mortal combat" の訳語に適さないでしょう。 「死闘」は「死力を尽くす戦い」とか「死にものぐるいの戦い」という意味であって、戦う当事者の一方が必ず死ぬわけではありませんから。

関連表現:「モータル・エネミー」

"mortal combat" と同じ意味で "mortal" が使われる表現に "mortal enemy(モータル・エネミー)" があります。

"enemy" が「」という意味なので、"mortal enemy" は「自分か相手が死ぬまで終わらない敵味方の関係」という意味になります。 「不倶戴天の仇敵」というわけです。
「不倶戴天」は、「同じ天を戴(いただ)けない」つまり「同じ世界に生きてはいられない(相手か自分が死ぬまで心安らかになれない)」という意味です。
「モータル・エネミー」もいつ映画や漫画のタイトルに使われてもおかしくない注目フレーズです。 これを機にしっかりと意味を覚えておきましょう。