戦闘機、車、クロカン... 「ハリアー」に込められた意味は?

質問. 戦闘機とか自動車とか「ハリアー」って、どういう意味ですか。

回答. 戦闘機の「ハリアー」は「チュウヒ(タカの一種)」の英名です。

トヨタなどの自動車の名称に用いられる「ハリアー」も同じでしょう。 でも自動車は陸を走るので、「ハリアー」と呼ばれる種類の猟犬にちなんで「ハリアー」と命名されたのかもしれません。

詳しくは以下をご覧ください。

1. 「ハリアー」の意味

1.1. 元の英語

戦闘機の「ハリアー」も自動車の「ハリアー」も、原語は "harrier" という英語の名詞です。

1.2. "harrier" の意味

"harrier" には次の意味があります:

  1. タカの一種・・・チュウヒ
  2. 猟犬の一種・・・ハリアー犬、ハリヤー犬(ウサギ狩りに用いられる)
  3. ヒトの一種・・・クロスカントリー(*)で走る人
  4. "harry" するもの(者/物)
(*) 走る(ランニング)タイプのクロスカントリー。 クロスカントリーにはスキー・乗馬・ランニング・自転車などがある。

"harry" の意味

"harry" は英語の動詞 で、「攻撃を繰り返す」などを意味します。

ですので、4. の「"harry" するもの」は「攻撃し続けるもの」などの意味です。

2.「ハリアー」の語源

タカも猟犬も「"harry" するもの」の意味だろう。 そう思っていましたが、甘い考えでした。 もっと面倒でした。

2.1. タカの場合

チュウヒ」を意味する "harrier" の語源として、次の2つの説があります:

  1. 前記 "harrier" の 4.の意味「"harry" するもの」が「チュウヒ」を意味するようになった。
  2. "harrower" という名詞に先述の動詞 "harry" が影響して、「チュウヒ」を意味する "harrier" という語が生まれた。

"harrower" の意味

"harrower" は「"harrow" する者/物」という意味ですが、この "harrow" という動詞の意味は3つに大別されます:

  1. 馬鍬を使って土地を耕す・・・「馬鍬(まぐわ)」という農機具を意味する名詞 "harrow" から転じた。
  2. (心や体に)大変な苦痛を与える、気を動転させる・・・「馬鍬で耕す」の意味の動詞 "harrow" から転じた意味。
  3. 奪う・・・古語。 この意味の "harrow" は語源が "harry" に近いと考えられている。
「猛禽類」を意味する「ラプター」の語源を思えば、"harrier" の語源となったかもしれない "harrower" の "harrow" は「3. 奪う」の意味かもしれないですね。

2.2. 猟犬の場合

ウサギ狩りの猟犬」を意味する "harrier" の語源は、同じく「ウサギ狩りの猟犬」という意味を持つ中世英語 "hayrer" または "hairer" あるいは "eirer" です。

"hayrer" または "hairer" あるいは "eirer" の語源は、よく分かっていません。 次のような説があります:

  1. おそらく「放浪する者」を意味する古フランス語 "errier" が語源。
  2. 「野うさぎ」を意味する中世英語 "hare" が関与しているかも。
  3. 先述の動詞 "harry" の影響も疑われる。
  4. 「チュウヒ」を意味する "harrier" の影響もあったかもしれない。

2.3. クロカン走者の場合

クロスカントリーの走者」の意味での "harrier" は、「猟犬」の意味での "harrier" に由来します。

ブリタニカ百科事典によると、"harrier" が「クロスカントリーの走者」を意味するようになった由来は、(ランニングの)クロスカントリーの起源にあるようです。

2.3.1. クロス・カントリーの起源

ランニングのクロス・カントリーの起源は19世紀の英国で子どもたちが考案した遊び "paper chasing(紙片の追いかけっこ)" 別名 "hares and hounds(野うさぎと猟犬)" です。

"paper chasing" は鬼ごっこのような遊びです。 「野うさぎ」役の子どもたちが逃げ出して数分後に、「猟犬」役の子どもたちが「野うさぎ」狩りに出かけます。

この遊びが "paper chasing" と呼ばれるのは、「野うさぎ」たちが逃げる道すがら、「猟犬」たちへのヒントとして紙片を落としておくからです。

2.3.2. 推測

ここからは私の推測になります(*)が、この「猟犬」が「ハリアー」と呼ばれたに違いありません。 英国で「ウサギを狩る猟犬」と言えば「ハリアー犬」だったはずですから。
(*) この点を明言しているサイトは見つかりませんでした。 と言うよりも、強(し)いて探しませんでした。 なぜならば「ウサギを狩る猟犬」が「ハリアー犬」のことなのは明白だから、そして、この記事を書き始めてから4時間が経過し私の疲労が頂点に達しているからです。

2.3.3. まとめ

  • クロスカントリー(ランニング)の起源に当たる "paper chasing" で、「猟犬」役のことをハリアー犬にちなんで「ハリアー」と呼んだ(はず)。
  • だから、クロスカントリーで走る人を「ハリアー」と呼ぶ。

トップページに戻る