アルバイト、靴下、船... クルーの意味は? 乗客との違いは?

質問: すき家やマクドナルドなどのアルバイト募集の広告に使われる「クルー」という言葉は、どういう意味ですか? 「クルーソックス」の「クルー」の意味も知りたいです。

回答:「クルー」は「共同作業する人たちのグループ」という意味です。 「クルーソックス」の「クルー」も、この意味と関係があります。

詳しくは以下をご覧ください。

1. 英語に戻すと

「クルー」を英語に戻すと "crew" です。

2. 言葉の由来

"crew" の意味の真髄を把握するため、"crew" の語源を見てみましょう。

"crew" の語源は「軍の増強、新兵」などを意味する古フランス語 "creue" です。
古フランス語 "creue" より前の語源は、「増える、成長する、姿を現す、頭角を現す」などを意味するラテン語 "crēscere" です。

古フランス語 "creue" から(おそらく16世紀に)成立した中世英語 "crew" は「増員として派遣される兵士のグループ」を意味しました。

3. 現代での意味

1. 基本的な意味

中世英語 "crew" の意味から転じて、現代の "crew" は「(軍隊に限らず)共同作業する人たちのグループ」という意味で使われます。

「クルー」の使用例

"crew" は「船や飛行機の乗組員」の意味でよく使われますが、この意味に限らず「共同作業するグループ」を全般的に指す言葉として用いられます。

下記の「クルー」は、どれも「共同作業をするグループ」という点で共通しています:

  • 船や宇宙船やヨットの「クルー」
  • バイト募集の「クルー」
  • 映画やドラマの撮影の「クルー」
  • ヒップホップの「クルー」

3.2. 単なる「グループ」の意味も

"crew" には、「友人のグループ」や単に「人の集団」といった意味もあります。

こうした意味での "crew" は好ましくない集団を指してよく用いられます。「ツレ(友人たち)、非行グループ不良集団、(あそこに集まってる)奴ら」といった感じです。
こうして見ると、 "crew" は "gang" と意味の範囲が相当に重なっています。

3.3. ヒップホップの「クルー」

「ヒップホップのクルー」は馴染みの無い人が多いでしょうから、例文を挙げておきます。
"We decided we needed another rapper in the crew and spent months looking."
「オレら思ったんだ。 オレらのクルーにゃラッパーがもう一人必要だってよ。 んで、何ヶ月も探したってわけ」
ヒップホップの「クルー」が「グループ」の意味で使われていることがわかります。 アイドルの「グループ」やロックの「バンド」に相当するのが、ヒップホップの「クルー」です。
もしかして?
「ヒップホップのグループ」の意味での "crew" は「ツレ、友人のグループ」の意味から生まれたのかも。

3.4. 船や飛行機の「乗客」と「クルー」の違い

客船や旅客機の「クルー」は「乗組員/乗務員」という意味です。

船や飛行機の運行や運営に携わる(サービスを提供する側の)人員が「クルー」です。

したがってサービスを受ける側である「乗客」は「クルー」には含まれません。
「乗客」に対応する英語は "passenger" です。

4. 衣類や髪型の「クルー」の由来

4.1. 靴下「クルーソックス」

靴下の一種「クルーソックス(crew socks)」は、米国の海軍が艦船の乗組員に支給した靴下(ソックス)に由来します。

クルーソックスは、厚手で丈が比較的短い(くるぶしよりは上に来る)靴下で、多くはリブ編み(畑の畝(うね)のように隆起する模様)です。

"crew socks" という言葉が軍隊以外でも使われ始めたのは第二次世界大戦より後です。 "crew socks" が初めて辞書に記載されたのは 1948年。

4.2. 髪型「クルーカット」

短髪ヘアスタイルの一種「クルーカット(crew cut)」の由来は、ハーバード大学やイェール大学などで行われるボート競技(漕艇・競漕・レガッタ)です。

ボート競技で1艇のボートを漕ぐチームを「クルー(crew)」と呼びますが、そのクルーのメンバーはボートを漕いでいるとき頭髪が邪魔にならないよう(1)短く刈り揃えました。

このクルーの髪型が「クルーカット」として世間に広まりました(2)

(1) ボート・レースでは両手が常にオールでふさがるので、髪が顔にかかるのが特に問題となる。

(2) "crew cut" という英語は遅くとも 1938年には使われていた(当初は "crew haircut" と呼ばれた)。

4.3. 衣服「クルーネック」

「クルーカット」と同じ起源を持つ言葉に「クルーネック(crew neck)」があります。

"crew neck" は、シャツやセーターの「丸首」のことです(「丸首」の対義語は「Vネック」)。

"crew neck" は次の2つの意味で使われます:

  • 《形状》シャツやセーターの丸首、シャツやセーターが丸首であること
  • 《衣服》丸首のシャツやセーター

"crew neck" という英語が使われ出したのは 1939年と推定されています(当初はシャツではなくセーターについて用いた)。

トップページに戻る