「バトルロワイヤル」の意味は? 「ロワイヤル」の意味は?

質問.:「バトルロワイヤル」や「バトルロイヤル」って、どういう意味ですか? 特に「ロワイヤル(ロイヤル)」の意味が知りたいです。

回答.: 「バトルロワイヤル」は「多数の対戦者が同時に戦う戦い」という意味です。 この戦いにおいて、対戦者たちは徒党を組んでおらず、各対戦者にとって他の対戦者はすべて敵です。

ロワイヤル」の意味など詳しくは下記をご覧ください。

1. 「バトル」の意味

「バトル」は "battle" という英語の名詞をカタカナにした言葉です。

"battle" は「戦い、戦闘」という意味です。

2. 「ロワイヤル」の意味

「ロワイヤル(ロイヤル)」は "royal" あるいは "royale" という英語の名詞をカタカナにした言葉です。

"royal" は形容詞で「王の~」という意味ですが、それに加えて「品質・サイズ・規模などが通常を超えている~」という意味もあります。

つまり「バトル・ロワイヤル」の「ロワイヤル」は「壮大なスケールの~」という感じの意味なのです。「バトル・ロワイヤル」に王や王家は無関係です。

「ロワイヤル」が「程度」を意味する場合も

2人だけの戦いが「バトル・ロワイヤル」と呼ばれるケースもあります。 "Shabby Genteel Story" という19世紀の小説に出て来る一文です。
A battle-royal speedily took place between the two worthy mothers-in-law.
立派な義理の母2人のあいだで、即座にバトル・ロワイヤルが発生した。
この "battle-royal" の "royal" は「戦いの規模ではなく程度(苛烈さ)が通常を超えている」という意味でしょう。

3. "battle" と "royal" の関係

「バトル・ロワイヤル(battle royal)」では、形容詞である "royal" が名詞である "battle" を修飾しています。 「ロイヤルな(壮大なスケールの)戦い」というわけです。

英語では形容詞が名詞のに置かれることが多いですが、名詞の後ろに形容詞が置かれることもあります。(参考記事「パラダイス・ロスト」の意味は? どうして「ロスト・パラダイス」じゃないの?

4. バトル・ロワイヤルの成り立ち

"battle royal" の最初の使用例として文書に残っているのは、ジェームズ・ハワード(1640年ごろ~1669年)という英国人貴族が著した喜劇 "All Mistaken, or the Mad Couple" です。

17世紀に英国でベアナックル(ボクシング・グローブを付けない)で行われたボクシングのバトル・ロワイヤルでは、8名の対戦者が同時に1つのリングに入り戦いました。

その後、英国ではバトル・ロワイヤルは廃れましたが、米国に輸入されて南北戦争後にも残り、1870~1910年にはボクシングやレスリングの興行の前座として実施されました。 こうしたバトル・ロワイヤルは残虐性が問題視されましたが、勝者はそれなりの地位を得て1対1の試合に出られるようになりました。

こうした旧来の(現在のプロレスのバトル・ロワイヤルとは別物の)バトルロヤイヤルは残虐性ゆえに、米国の北部では 1910年代に行われなくなり、南部でも 1960年代には禁止されました。

5. "battle royal" の読み方

英語の発音は「ロイヤル」

日本語では "battle royal(e)" を「バトル・ロイヤル」ではなく「バトル・ロイヤル」と表記することが多いようですが、英語での "royal" の発音は「ロイヤル」です。

"battle royal" の "royal" は "royale" とフランス語っぽく表記されることもあり、フランス語の "royale" なら「ルワイヤル」という感じに聞こえます。 しかし、英語では "royale" であっても「ロイヤル」と発音されます。

上記のようにバトル・ロワイヤルはフランスではなく英国で発生したと思われるので、"royale" とフランス語っぽい単語が用いられる理由がそもそも不明(*)ですが、"royal" にせよ "royale" にせよ英語での発音は「ロイヤル」なわけです。
(*) "battle royal" という語順で形容詞を名詞の後ろに置いたために、"battle royal" がフランスから輸入された言葉と勘違いされて、"royal" がフランス語っぽく "royale" となったのかもしれないとは思う。

ロイヤル+ロワイアル=ロワイヤル?

カタカナ語で「バトル・ロイヤル」よりも「バトル・ロイヤル」が優勢となった理由は、2000年に公開された日本映画『バトル・ロワイアル』の影響かもしれません。

映画『バトル・ロワイアル』は 1999年に発表された同名の小説が原作で、アルファベットでは "Battle Royale" とフランス語風に綴られます。 そしてカタカナの表記では、"Battle Royale" の "Royale" を「ロワイアル」とフランス語っぽく読ませています。

この映画『バトル・ロワイアル』は、1人が生き残るまで互いに殺し合うことを強いられるという残酷な設定ですが、この映画よりのち、同じような設定のマンガ、アニメ、ゲーム、ラノベなどが数多く発表されて1つのジャンルを形成するに至っています。

で、そのように大きな影響を及ぼした『バトル・ロワイアル』が "battle royal" の従来の読み方「バトルロイヤル」と入り混じって、「バトル・ロワイヤル」になったのかもしれない。 そんな風に私は思ったのですが、どうでしょう?
映画『バトル・ロワイアル』そのままの「バトル・ロワイル」という読み方は、あまり普及していないようです。