"Your most unhappy customers are your greatest source of learning." の意味

"Your most unhappy customers are your greatest source of learning." の意味を説明します。

意味

"Your most unhappy customers are your greatest source of learning." は「不満が最も強い顧客から最も多くを学べる」という意味です。

この名言はマイクロ・ソフトの創始者ビル・ゲイツの言葉として知られています。

この名言の言わんとするのは「自社の製品(やサービス)に不満な客の意見が、自社製品を改善するうえで大きなヒントになる」ということです。 不満は要求の裏返しですから、その要求に応えるべく製品を改善すれば、より多くの人が満足する製品となります。

ユーザー(顧客)の不満から目を背けるのでなく、不満ときちんと向き合って不満が解消されるように製品を改善すべきだと言いたいわけです。

もっとも、この名言の言わんとすることは、経営者はもとよりビジネス・パーソンですら承知しているでしょう。 「不満をぶつけることなく他の店に鞍替えする客より、きちんと不満をぶつけてくれる客のほうが(改善のチャンスを貰えるので)ありがたい」というスーパーマーケット社員の発言を、以前にどこかで読んだことがあります。

英語の解説

"Your most unhappy customers are your greatest source of learning." を直訳すると「あなたの最も不幸な顧客は、あなたの最も大きな学習源である」となります。

  • この文の "are" は「~である」というイコールの意味なので、「Your most unhappy customers(あなたの最も不幸な顧客)= your greatest source of learning(あなたの最も大きな学習源)」という関係が成立します。
  • "unhappy" には「不幸な」という意味のほかに「不満な」という意味もあり、この文ではその意味で使われています。
  • "source" が「源」、"learning" が「学習」という意味なので、"source of learning" で「学習の源」という意味になります。 「学習の源」とは「学びが発生するところ」ということです。
  • この文には "your" が二回登場しますが、この "your" はどちらも不特定の人(世間全般)を指して使われているので、日本語にするときには無視してOKです。