「ウィズ コロナ」って、どういう意味?

小池百合子都知事が「ウィズ コロナ宣言」を発しましたが、この「ウィズ コロナ」とは一体どういう意味なのでしょうか?

意味

「ウィズ コロナ」は「コロナと共に」という意味でしょう。

解説

原語

「ウィズ コロナ」は "With Corona" という英語をカタカナで表記した言葉だと考えられます。

"with" は「~と共に」という意味です。

"Corona" は、"Coronavirus (COVID-19 )" として知られるウイルスによる感染症のことです。

解釈

「ウィズ コロナ」は、コロナとの共存すなわち集団免疫の獲得を目指すという意味だと思われます。

「ウィズ コロナ宣言」において小池都知事は次のように述べています:

「感染拡大を防ぐ手立ては、結局のところ私たち自身の強い意思と行動のみとなる。新型コロナウイルスとの戦いは長期に渡ることが見込まれ、我々は否応なくウイルスとともに生きていくということを認識しなければならない。『ウィズ コロナ』という考え方は避けられない現実として、共通認識を持っていく必要がある」

「感染拡大を防ぐ」という言葉を使ってはいますが、全体的なメッセージとしては防疫を諦めて「集団免疫」を獲得する方向に進むことをほのめかしています。

「『ウィズ コロナ』という考え方は避けられない現実」という言い方から、小池知事が「ウィズ コロナ」をできれば避けたいものとみなしていることが伺えます。 「ウィズ コロナ」は「コロナと手を取り合って」などという意味ではないのです。 「ウィズ コロナ」は「集団免疫の獲得」をオブラートに包んで別の言い方にしたものにほかなりません。

東京都が完全な防疫を諦めて「集団免疫の獲得」に舵を切った以上、日本全体もそっちを選択するしかないでしょう。 東京をロックダウンでもしない限り、東京から全国各地に人が移動するのですから。