「ウィンドウ」と「ウィンド」って関係ある?

Q. 「ウィンドウ(window)」と「ウィンド(wind)」という英語は音の響きがやけに似ていますが、この2つの語は何か関係があるんでしょうか?

A. あります

"window" の語源は "vindauga" という古北欧語(*)で、この "vindauga" は「風の目」という意味です。
(*) 9~13世紀にスカンジナビア半島(北遠)の住民が用いていた言語。 古北欧語を英語では "Old Norse" という。

"vindauga" は、"vindr" と "auga" という古北欧語が合わさって生まれた言葉です。 "vindr" は「風、空気」という意味で、"auga" は「」という意味です。

そして、"vindr" は英語の "wind" の語源でもあります。
古北欧語を使っていた人たちが暮らす家では、窓と言えば天井や壁に開けられた単なる穴で、ガラスは使われていませんでした。