"when it comes to" の意味・使い方・例文

"when it comes to" という英語の意味や用法を説明します。

意味

"when it comes to~" は「~に関する」という意味です。 次のように和訳できます:

  • ~については
  • ~について言えば
  • こと~に関しては

"when it comes to~" は、同じように「~に関する」という意味の "regarding" や "in matters of" や "concerning" よりも堅苦しくない口語的な表現です。

用法

文中の位置

"when it come to~" の位置は次のいずれかです:

  1. 主節(主語+動詞), when it comes to~.
  2. When it comes to~, 主節(主語+動詞).
There's nothing she doesn't know when it comes to computers.
コンピューターに関しては、彼女は知らないことがない(なんでも知っている)。
# 「主節, when it comes to」の例。
When it comes to fishing, John is an expert.
こと釣りにかけては、ジョンはエキスパートだ。
# 「When it comes to, 主節」の例。

疑問文や否定文

"when it comes to" は疑問文や否定文でも使われます。

When it comes to investing, how do you measure risk?
投資に関して、あなたはどのようにリスクを測りますか?
# 疑問文の例。
But how do men and women differ when it comes to dealing with the end of a relationship?
でも、恋愛関係の終わり方に関して、男性と女性とはどう違う?
# 疑問文の例。
When it comes to logo design, personally I don't believe there are any rules.
ロゴのデザインに関して言えば、わたし個人としては、ルールがあるとは思わない。
# 否定文の例。 主節と従属節(when it comes to~)の順番を置き換えるのも可能: "I don't believe there are any rules when it comes to logo design."

後ろに続く言葉

"when it come to" の "to" の後ろには次のいずれかが続きます:

  1. 名詞(句)
  2. 動名詞(~ing)
  3. 代名詞("me" や "you" など)

上に出した例文では "to" の後ろに名詞(computers, logo design)や動名詞(fishing, investing, dealing)が使われています。

各語の説明

when

"when it come to" の "when" は、ごく普通に接続詞(~のとき)です。 "when it come to~" は従属節です。

it

"when it comes to" の "it" は「物事全般を指し示す "it"」あるいは「動作主に言及しない表現で用いられる "it"」といった辺りでしょう。 よく分からなければ、この "it" は漠然と「その場の話題」を指していると考えておけば良いでしょう。

comes

"come" に「(状態・状況・結果・結末に)達する、至る」という意味があります。 "when it comes to" の "comes" は、この意味で使われているでしょう。

to

"when it comes to" の "to" は「~に」という意味です。

"when it comes to" の "to" は不定詞の "to" ではないので、後ろに動詞の原形が続くことはありません。 後ろに来るのは名詞・動名詞・代名詞といった名詞系の語です。

when it comes to nouns(名詞)

when it comes to pronouns(代名詞)

when it comes to doing(~ing)

when it comes to do(原形)

when it comes to

上記を踏まえて "when it comes to~" 全体を逐語訳すると、「それが~に至るとき」となります。

この「それ」を「その場の話題」と考えれば、「その場の話題が~に至るとき」となります。 つまり「~の話となれば」ということです。

そこから「~に関しては」という意味に転じたのではないでしょうか。

例文

"when it comes to" の用例をもう少し挙げておきます。
When It Comes to You
お前のこととなると
# いくつかの歌謡曲のタイトルに使われている表現です。
When It Comes to Me
私のこととなると
# 歌謡曲のタイトルです。 歌詞を見ると、"When it comes to me, you don't have control(私のこととなると、あなたは自制が効かない)" とあります。
Two percent isn't a lot, but when it comes to death it seems quite a lot.
2パーセントは大きな数字ではないが、これが死亡となると(これが死亡率の数字である場合には)大変に大きな数字だ。
Recognizing our emotions is typically a good thing, but when it comes to dealing with everyday negative emotions — like sadness, loneliness, and anxiety — that awareness can often lead to self-criticism.
自分の感情を把握するのは一般的には良いことですが、悲しみ・孤独感・不安感などの日常的でネガティブな感情に関して言えば、感情の把握から自己批判に至ってしまうことが少なくありません。
There are a lot of choices when it comes to IT service providers. But when it comes to IT solutions providers with complete end-to-end service offerings, there's really only one.
ITサービスを提供する企業に関しては選択肢は多い。 しかし、完璧なエンドツーエンドのITソリューションを提供する企業となると実のところ一社(我が社)しかありません。
America leads the world when it comes to access to higher education. But when it comes to health, environmental protection, and fighting discrimination, it trails many other developed countries.
高等教育の利用しやすさに関しては米国は先進国である。 しかし、健康・環境保護・差別反対に関しては他の多くの先進国に遅れを取っている。
Many doctors don't support life support when it comes to themselves.
多くの医師は自分に関しては生命維持を支持しない(自分には生命維持を望まない)。
# "when it comes to" の後ろに代名詞が来ている例。 新聞記事のタイトル。 "support" という語が2回使われているのは、たぶん言葉遊び。
I can be counted on to do what I say, and I am careful not to promise or offer something I can't do. But when it comes to myself? Oh yeah, those promises can be broken.
私は有言実行で、自分にできないことを約束したり申し出たりしないように気を付けている。 でも自分自身のこととなると? そうだね、約束を破ることもある得るよ。
# これも "when it comes to" の後ろに代名詞が来ている例。 原文を分かりやすくすると、"But when it comes to myself, those promises can be broken."。