「ヴァンガード」の意味は?「アヴァンギャルド」との関係は?

質問:「ヴァンガード(バンガード)」とは、どういう意味ですか? 「アヴァンギャルド」と関係があるって本当ですか?

回答: カタカナ語「ヴァンガード(バンガード)」の意味は次の2つです:

  1. 軍隊の先頭のポジション、前衛
  2. (何かの活動や分野の)先駆者、先進的な人

「アヴァンギャルド」との関係など、詳しくは以下をご覧ください。

1. 元の英語の意味

カタカナ語「ヴァンガード(バンガード)」の原語は英語の "vanguard" です。 英語 "vanguard" の意味は次の3つ:

  1. 《名詞》軍隊の先頭のポジション、前衛
  2. 《名詞》(ビジネス・文化・ムーブメントなどの)先駆者、最先端の存在(1)
  3. 《名詞》軍隊の前衛を想起させるポジション/先駆的な立場(2)

(1) 人や組織に限らない。 を指すこともある。

(2) 英語の "vanguard" には「人/存在」ではなく「立場」の意味もある。「立場」の意味の "vanguard" は"be in/at the vanguard (of something)" などの使い方。

2.「アヴァンギャルド」との関係

ヴァンガード」と「アヴァンギャルド」。 音の響きに似た部分があるこの2つの言葉は、何か関係があるのでしょうか?

「関係があるから、こうして『アヴァンギャルド』を取り上げてるのでは?」

皆さんそう思っているに違いありません。 ですが、私は関係がなくても取り上げることがあります。 前科があります(*)。 なので気を抜いてはなりません。 油断禁物です。 最大限の警戒を!

果たして「ヴァンガード」と「アヴァンギャルド」は関係があるのでしょうか? 以下で見てみましょう。

2.1.「アヴァンギャルド」について

「アヴァンギャルド」という言葉に聞き覚えはあっても意味をよく知らない。 そういう人のために、まず「アヴァンギャルド」について説明します。

「アヴァンギャルド」の意味

国語辞典が記載するカタカナ語「アヴァンギャルド」の意味は次の2つ:

  1. 第一次大戦後、欧州に興った芸術革新運動。 抽象芸術・シュールレアリスムなどに代表される。 前衛派
  2. 前衛芸術
芸術や思想に関して「前衛的」とは、「既存の価値観や規範に挑戦するような、実験的な、革新的な、正統的でない」という意味。

「アヴァンギャルド」の原語

「アヴァンギャルド」の原語はフランス語 "avant-garde"(*) で、意味は次の通り:

  1. 《形容詞》(主に芸術や思想に関して)前衛的な
  2. 《名詞》(芸術の)前衛派
  3. (軍隊の)前衛
(*) フランス語 "avant-garde" は英語に輸入されている。 英語の "avant-garde" は現代では「(軍隊の)前衛」の意味を持たない。「(軍隊の)前衛」を意味する英語として "vanguard" があるため。

2.2.「ヴァンガード」と「アヴァンギャルド」の関係

さあ、盛り上がってまいりました。 いよいよ「ヴァンガード」と「アヴァンギャルド」の関係についてです!

問い: この2つの語は関係があるのでしょうか!?

答え: あります!

"vanguard"(英語)と "avant-garde"(英語と仏語)は語源が同じです!

どちらも「(軍隊の)前衛」を意味する古フランス語 "avan(t)garde" が語源です。
"avant" が「(before)」を意味し、"garde" が「(guard)」を意味します。

よかったですね。 関係があって。

おやおや、すごい笑顔ですね。

あなたが嬉しそうにするものだから、私も笑顔になっちゃいます。

トップページに戻る