「アンダーワールド」の4つの意味

アンダーワールド」という言葉の意味を説明します。

原語

「アンダーワールド」は "underworld" という英語をカタカナにした言葉です。

意味

"underworld" は「under(下)+ world(世界)」でできていて、意味はそのまま「下の世界」ですが、詳しくは次のような意味に分けられます:

  1. 地下社会、裏社会。 犯罪などの悪行をおこなう者たちの社会。
  2. 死者の世界。 あの世。 様々な宗教や文化で、人々が生きる世界の下に死者の世界があると考えられていた。 「地獄」や「黄泉の国」も、その一例。
  3. 地下世界。 実在または架空の、地表の下に広がる世界。 例えば、ジュール・ベルヌの小説「地底旅行」では、地中海に匹敵するサイズの空間が地下に存在するという設定。 世界各地の都心部の地下に広がる地下街も、もはや地下世界と呼べる広さかもしれません。
  4. 《古語》 現世。 人々が生きる地上。 天国から見ると現世が下に存在するので。