「タイラント」の原語にもとづく正しい意味

質問.:「タイラント」って、どういう意味ですか?

回答.:「暴君」などの意味です。

原語

「タイラント」は "tyrant" という英語の名詞をカタカナにした言葉で、この "tyrant" に「暴君」などの意味があります。

詳しい意味

名詞としての意味

"tyrant" の意味は次の通りです(意味が発生したと思われる順に記載):

  1. 簒奪者、僭主〔古代ギリシャなどで、法律や慣習に則(のっと)らずして王位に就いた者〕(1)
  2. 暴君〔既存の法律に構わず不当、抑圧的、気まぐれ、あるいは冷酷な統治を行う独裁的な支配者〕
  3. 暴君のような人物〔暴君のように地位や権限を乱用する人〕
  4. 暴君のような何か(2)

(1) この意味では、王位に就いた者が善政悪政かは問わない。 ルソーの『社会契約論』(1762年)に次のような記述がある(フランス語の原文ではなく英語版に基づく):

「"tyrant" とは権利なくして不当に王権を自分のものにした者である。 ギリシャ人は "tyrant" をこの意味に理解した。 良い支配者か悪い支配者かにかかわらず、正統でない支配者を "tyrant" と呼んだ」

(2) 例文. "public opinion, the greatest tyrant of these times" 「世論、(すなわち)当世における最大の暴君」

形容詞としての意味

一般的な辞書には記載がありませんが、"tyrant" は「暴君のような~」という形容詞としても用いられます。 例えば、"a tyrant brother" なら「暴君のような兄弟」ですし、"tyrant dragons" なら「暴君竜」です。

語源

"tyrant" の語源を遡(さかのぼ)ると、「絶対的な支配者、独裁者、暴君」を意味する古代ギリシャ語の名詞 "túrannos"(τύραννος)へ行き着きます。

この "túrannos" から、同様の意味を持つラテン語 "tyrannus"、古フランス語 "tyrant" など、および中世英語 "tyraunt" などを経て、現代英語の "tyrant" が成立しました。

"túrannos" について

古代ギリシャ語 "túrannos" は当初、紀元前7世紀にリュディア王国を支配したギュゲス(*)を指す言葉でした。
(*) 古代ギリシャ語の綴りは Γύγης(Gúgēs)。 ギュゲスは前王カンダウレスの護衛で、カンダウレスを暗殺して王座を簒奪したと言われている。

"túrannos" の語源は明確ではありませんが、次のような説があります:

  • "túrannos" の語源は、小アジア(現在のトルコ。アナトリア半島)で使われていた言葉(おそらくリュディア語)で「王」を意味する言葉ではないか。
  • "túrannos" の語源は恐らく、「支配者」を意味するルヴィ語(*) "tarwanis" である。
(*) 小アジアで用いられていた言語の1つ。