"succeed" と "success" の違い

質問.: "succeed" と "success" の違いを教えてください。

回答.: 次の通り回答します。

  • "success" は「成功」という意味の名詞です。
  • "succeed" は「成功する」という意味の動詞です。
  • "succeed" には「~の地位を継承する、~の後任となる、(人に限らずイベントや機種などが)~の後継となる」という意味もあります。 この意味も動詞です。
ちなみに、「~の地位を継承する、~の後任となる、~の後継となる」の意味の動詞 "succeed" の名詞形は "success" ではなく "succession" です。
これらの意味について詳しくは以下をご覧ください。

「成功」の2つの意味

"succeed" や "success" が意味する「成功(する)」は次の2つです:

  1. 何かの目的を首尾よく達成する(こと)
  2. 人生や仕事などが(努力の結果)上手くゆく(こと)
カッコ内に入れた「こと」がないのが "succeed" の意味で、「こと」があるのが "success" の意味だと考えてください。

日本語の「成功(する)」も英語と同様に、「特定の目的を達成する(こと)」という意味と「社会的地位や名声などを得る(こと)」という2つの意味があります。

「成功する」の意味の "succeed" の用法

「成功する」の意味の "succeed" は自動詞なので、直接的に目的語を取ることはありません。 次の2つの例文では、"succeed" の目的語が存在しません
She wanted to be the first woman to climb Mount Everest, and she almost succeeded.
彼女はエベレスト山に登頂する初の女性となることを望み、ほとんど成功した(成功しかけた)。
# "succeed" の主語が人である例です。 "succeeded" は "succeed" の過去形です。
Our plan succeeded.
私たちの計画は成功した。
人ではないものが "succeed" の主語になっている例です。
~に成功した」と言いたい(目的語に相当するものを使いたい)ときには、前置詞 "in" を用いて "succeed in" とします。 "in" の次には、動名詞(~ing) または名詞が入ります。
He succeeded in persuading her.
彼は彼女を説得するのに成功した。
# "succeed in" の次に "~ing" が来ている例です。 "persuade" は「説得する」という意味。
× He succeeded to persuade her.
彼は彼女の説得に成功した。
# この例文は正しい英語ではありません。 「成功する」の意味の "succeed" が目的語を取らないのに、"to persuade(説得すること)" という不定詞の名詞的用法(名詞として機能する)を "succeed" の目的語として使おうとしているためです。
We succeeded in our efforts to start the car.
私たちは、自動車を始動させる(エンジンをかける)努力において成功した。

# "succeed in" の次に名詞our effort)が来ている例です。

こ例文の不定詞は名詞的用法ではなく形容詞的用法で、"our effort" を修飾しています。 1つ上の例文と違って、不定詞その物が "succeed" の目的語になっているわけではないので、不定詞が "succeed" と同時に使われていても問題ありません。

「後継となる」の意味の "succeed" の用法

「~の地位を継承する、~の後任となる、~の後継となる」の意味の "succeed" は、基本的には他動詞なので目的語を取ります。
Reeves will succeed Segal as Speaker of the House.
Reeves は下院議長として Segal の後任となるだろう(Reeves は下院議長の座を Segal から引き継ぐだろう)。
# Segal が "succeed" の目的語。 "Speaker of the House" は「下院(国によっては上院の)議長」という意味です。
Their early success was succeeded by a period of miserable failure.
彼らの早期の成功は、みじめな失敗の期間によって引き継がれた

# 当初は上手くいっていたが、やがてダメになったというわけです。 具体的に何の話かは不明ですけれど。

この文は受動態です。 能動態にすると、"A period of miserable failure succeeded their early success." となり、"their early success" が "succeed" の目的語であるのが分かりやすくなります。
Who will succeed him to the throne?
誰が彼の王位を継承するのか?

# 主語は "Who" で、目的語は "him" です。

"succeed~ to the throne" で「~の王位を継承する」という慣用句ですが、「」の部分が省略されて "succeed to the throne" だけで使われることもあります。 その場合は、"succeed" の目的語が存在しないことになります。

"succeed to the throne of~" という言い方もあります。 意味は "succeed~ to the throne" と同じです。