「サムワン」の意味。 意味が2つある可能性も?

サムワン」という言葉の意味を説明します。

「サムワン」は "someone"

「サムワン」は "someone" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"someone" は「誰か」あるいは「重要な人」という意味です。 "someone" は後述の "some one" と違ってしか指し示しません(を指し示すのには使われない)。 "someone" の例文を以下に挙げておきましょう。
I need someone to protect me.
私には私を守ってくれる誰かが必要だ。
He really thinks he's someone.
彼は自分が重要な人間であると思っている。

"some one" をカタカナにした可能性も?

可能性は極めて低いですが、「サムワン」が "some one"("someone" と違って2つの語に分かれている)という英語をカタカナで表記した言葉であるケースもあるかもしれません。

"some one" は「(一定範囲の人や物のうちの)誰か、どれか」という意味です。

"some one" という表現において、"some" は「不特定の」という意味で、"one" は「~なやつ、~なもの」という意味です。

例えば、色とりどりの花の中から一本を選ぶという状況で「赤いやつ」と言うときの「やつ」が "one" です。 「赤いやつ」を英語にすると "red one" です。
"some one" の例文を以下に示します。
We know that some one of the new robots has a defect, but we're not sure which.
新しいロボットのうちのどれかに欠陥があるのはわかっているが、どれ(どのロボット)なのかは定かでない。
マサチューセッツ工科大学のサイトで見つけた例文です。 リンク先のページでは、この例文の "some" を除去しても問題なく意味が通じる(つまり、この "some" は不要)と説明されています。
"some one" という表現は文語的で古めかしい表現らしく、Google で例文を検索すると数百年も前の文献や宗教関連あるいは法律関連の堅苦しい文書が多く見つかりました。 1つ例を挙げておきます。
...if any person or persons, having knowledge of the commission of any of the treasons aforesaid, shall conceal, and not, as soon as may be, disclose and make known the same to the President of the United States, or some one of the Judges thereof, or to the President or Governor of a particular State, or some one of the Judges or Justices thereof...
...もし単数または複数の人が、前述の反逆のいずれか行われようとしているのを知っていて、その事実を隠し立てし、合衆国大統領、もしくは合衆国の判事の誰か、または特定の州の知事の誰か、もしくは特定の州の判事の誰かに可及的速やかに知らせない場合には...
ニューヨーク・タイムズ紙の 1861年の記事で引用されている 1790年の米国の法律の文章です。 "Judges" と "Justices" の違いとか、州の "President" と "Governor" の違いとかは大雑把に訳しています。 この例文の "some one" も "some" がなくても差し支え無さそうです。

上記の2つの例文から、"some one" が古めかしくて非効率的な(不要な "some" が使われている)表現であることが窺い知れます。 この記事を書くにあたりネットで調べていて、「"some one" は極めて稀にしか使われない」という説明も見かけました。 現代の英語で "some one" の使用は一般的でないのでしょう。

そんな "some one" をカタカナの「サムワン」にして使うことは無いはずです。 「サムワン」というカタカナ語を見かけたら、"some one(不特定の人や物)" ではなく "someone(誰か)" をカタカナで表記したものと考えて問題ないでしょう。