「サイレント・ヴォイス」って、どういう意味?

「サイレント・ヴォイス」の意味を説明します。

基本的な意味

「サイレント・ヴォイス」は "silent voice" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"silent voice" を単純に日本語にすると「音の無い声」という意味になります。

"silent" と "voice" の意味

"silent"

"silent" は形容詞で、一般的な(専門用語としての意味を除く)意味は次の通りです:

  • 音の無い、無音の
  • 静かな、静音の(音がほとんどない)
  • 押し黙った、喋るべきときに喋らない、答えない
  • 口に出されない(感情・意思・思考)
  • 無言で行われる(動作)
  • 寡黙な、口数が少ない(人)
  • (世間や他人に対して)表明されない(意見など)
  • 隠れた、密かな(人目に付かない)

"voice"

"voice" は名詞で、「」という意味です。 「意見」や「意見を持つ人」という意味もあります。

解釈

"silent" と "voice" の意味の組み合わせから考えられる「サイレント・ヴォイス」の意味は次のようなものでしょう:

  1. 声なき声、無言の声、声にならない声
  2. 意見があるのに黙っている人
  3. 表に出されない意見

1.の意味は「本来は音を伴う声が音を伴わない」という矛盾をはらんだ詩的な表現です。

声なき声」には "voiceless voice" という、そして「無言の声」には"speechless voice" という対応する英語があります。

「行動心理捜査官・楯岡絵麻」の場合

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」というテレビドラマの場合、「サイレント・ヴォイス」は「行動に表れる犯罪者の心理」という意味でしょう。

「(言葉じゃなく)行動に表れる」という部分が「サイレント」に当たり、「犯罪者の心理(心の声)」という部分が「ヴォイス」に当たります。