「シャビー」と "shabby" の意味の違い

シャビー」というカタカナ語と、その原語にあたる英語 "shabby" の意味を比較します。

カタカナ語の「シャビー」

goo国語辞典(デジタル大辞泉)には、次のようにあります:

[形動]みすぼらしいさま。また、古めかしいさま。「シャビーなインテリア」「シャビールック」

Weblio(実用日本語表現辞典)には、次のようにあります:

みすぼらしい」「古ぼけて汚い」といった意味。

「シャビー」の用途

カタカナ語の「シャビー」はファッションインテリアの分野で(ファッションの一種としてポジティブな意味合いで)使われることが多いようですが、そればかりではありません。

自民党の礒崎陽輔さん(内閣総理大臣補佐官)の Twitter の発言では、次のように「シャビー」という言葉が使われています。

全国民に給付金を交付しろとは、一体どんな思想の人たちが言っているのでしょうか。金持ちに無駄銭を配る必要はありません。しっかりと困っている人に重点化すべきです。ただし、非課税世帯での線引きは、若干シャビー(貧相)な気がします。再検討が必要でしょう。

「シャビー」を補足するカッコ内の「貧相」という言葉は礒崎さん自身によるものです。

英語の "shabby"

英語の "shabby" の主要な意味は「(建物や衣服などが経年劣化により)ぼろぼろになった、みすぼらしい、汚らしい身なりの」というものです。 カタカナ語の「シャビー」と同じと言えるでしょう。

しかし英語の "shabby" には「みすぼらしい」以外の意味もあります。 主要なオンライン英英辞典に記載されている「みすぼらしい」以外の意味は次のようなものです:

  1. (卑しいほどに)ケチな、気前が悪い、みみっちい
  2. みっともない、恥ずべき
  3. 不公平な、不当な
  4. 質の低い、低品質な

解説

不公平な、不当な」の意味は複数の辞書に記載されていますが、ロングマンでは "shabby" のこの意味を、「古い(現在ではあまり用いられない)意味」であるとしています。

質の低い、低品質な」の意味を記載しているのはマクミラン(米国の英語)とオックスフォード・ラーナーズ(英国の辞書)。 後者では、インフォーマルな(くだけた)意味でのみ "shabby" がこの意味で使われているとしています。

みっともない、恥ずべき」の意味はコリンズにのみ記載されています。 記載されている用例が "shabby treatment of guests(客人のシャビーな扱い)" なので、「(けちけちしすぎていて)みっともない」ということなのでしょう。

"shabby" の用例

上述のオンライン英英辞典の用例(「みすぼらしい」以外の意味)の中から目ぼしいものをピックアップします。 "shabby" は、あえてカタカナのままにしてあります。
a shabby offering
シャビーな捧げ物
# "offering" は贈り物、特に教会に寄進する金銭などを意味します。
...laments the shabby way in which this country often treated a poet...
この国が詩人をしばしばシャビーに扱うのを嘆く
# この用例は完全な文ではありません(主語がない)。
He blasted the lawyers for submitting such shabby paperwork.
彼は、書類仕事がシャビーだと弁護士を激しく非難した。
a store selling shabby goods
売ってる商品がシャビーな店
The company's treatment of women was shabby.
その会社の女性の扱いはシャビーだ。
Her salary is $305,000 this year – not too shabby (= very generous).
彼の給料は、今年は $305,000 だった。 そうシャビーじゃないよね(会社の気前がとてもいいよね)。

# (= very generous) は辞書にそもそも記載されていたものです。

この "not too shabby" は、何かに満足したときに口にする「Not too bad(悪くないぜ)」みたいな意味。