「スケアクロウ」の意味は? 語源は?

映画のタイトルや歌の歌詞などに「スケアクロウ」という言葉が出てきますが、これは一体どういう意味なのでしょうか?

スケアクロウとは

「スケアクロウ」は「案山子(かかし)」という意味です。 田畑の作物を荒らす鳥を追い払うために用いられる人形のことです。

「スケアクロウ」は、"scarecrow" という英語をカタカナで表記した言葉です。

そして、この "scarecrow" の意味が「案山子(かかし)」です。

"scarecrow" について

"scarecrow" は、「怖がらせる、おどかす」を意味する動詞 "scare" と、「カラス」を意味する名詞 "crow" がくっついて出来た言葉です。

"scarecrow" も日本の「案山子」と同じく人間サイズの人形で、木の棒や藁(わら)の束で作った人型に古着を着せて本物の人に見せかけます。

「カラスを怖がらせる」という語源から察するに、"scarecrow" は主にカラスを退散させるために用いられるのでしょう。

"scarecrow" には「恐ろしく(危険に)見えるが実害はないもの」という比喩的な意味があります。 日本語の「案山子」に「見かけだおし(見せかけだけで内容がないもの)」という比喩的な意味があるのと似ていますね。