「フェノミナン」と「フェノミナ」の意味は? あとついでに「フェミニーナ」は?

フェノミナン」や「フェノミナ」といったカタカナ語を見かけることがありますが、これらは一体どのような意味なのでしょうか?

もとは英語

「フェノミナン」や「フェノミナ」も元は英語です:

  • フェノミナン・・・ "phenomenon"
  • フェノミナ・・・ "phenomena"

そして、「フェノミナ(phenomena)」は「フェノミナン(phenomenon)」の複数形です。

意味

「現象」

"phenomenon" の1つ目の意味は「現象」です。 英英辞典では「感覚で捉えられる出来事・状況・事実」や「観測可能な出来事・状況・事実」と定義されています。

"phenomena" は "phenomenon" の複数形ですから「複数の現象」という意味になります。

「珍しいもの」

"phenomenon" には「驚嘆に値する、興味をひかれる、異常な、あるいは不思議な、そんな出来事や事実」や「傑出した人物、非凡な人、模範となる人」という意味もあります。 超常現象や超能力者、巨大隕石の激突なんかがこの意味に含まれます。

ジョン・トラボルタが主演する 1996年公開の米国映画「フェノミナン」もこちらの意味です。

「"phenomenon" がこちらの意味で使われるときには、複数形が "phenomena" ではなく "phenomenons" となることが多い」と複数の辞書で説明されています。

フェミニーナとの混同に注意!

「フェノミナ」に極めて似るカタカナ語に「フェミニーナ」がありますが、こちらは女性のデリケートゾーンに使用する軟膏の名前で「現象」とは無関係です。

「フェミニーナ」は「女性の」を意味する形容詞 "feminine(フェミニン)" に由来する言葉だと思われます。 "feminine" だと "famine(飢饉)" に似ているので、語尾を女性らしく "-a" に変えて商品名にしたのでしょう。