「仮面ライダージオウ」の "Over Quartzer" の意味について

「仮面ライダージオウ Over Quartzer」というタイトルの映画が公開されていますが、"Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)" とは一体どういう意味なのでしょうか?

"Quartzer" とは?

"Quartzer" という英語はない

"Over Quartzer" という言葉は "Over" という語が含まれていることから明らかに英語ですが、英語の辞書に "Quartzer" という語は載っていません。

造語にしても意味不明

"Quartzer" は "quartz" の末尾に "-er" をくっつけて作られた造語だと考えられます。

  • "quartz" は「石英」あるいは「石英ガラス」という意味の名詞です。 "quartz" には「石英」や「石英ガラス」の他に意味はありません。
  • "-er" は名詞の後ろに付いて、「~するもの(者または物)」という意味の名詞を形成する接尾辞です。

しかし上記を材料に考えても、"Quartzer" の意味はまったくわかりません。 「石英するもの」だなんて理解不可能です。

あらすじを見てみた

映画「仮面ライダージオウ Over Quartzer」のあらすじを見ると、「クォーツァー(Quartzer)」は「歴史の管理者」のことだそうです。

"Quartzer(クォーツァー)" は明らかに造語ですが、この映画の原作者はどういう根拠で「歴史の管理者」を "Quartzer" と命名したのでしょうか?

推測

"quartz" に関連する語として、"quartz crystal(クォーツ・クリスタル)" というものがあります。

"quartz crystal" は「水晶振動子」の材料です。 そして、この水晶振動子はコンピューターのほか時計の部品としても使われています。

仮面ライダージオウは時計の仮面ライダーのお話ですし、「歴史」を「時の流れ」と考えれば「歴史の管理者」と時計の部品である水晶振動子(クォーツ・クリスタル)の間にも接点があります。

どういう理由で「歴史の管理者」が「クォーツァー」と命名されたのか厳密には不明ですが、「水晶振動子(クォーツ・クリスタル)を司る者」という感じなのかもしれません。

"Over Quartzer" 全体の意味は?

"Quartzer(クォーツァー)" が「歴史の管理者」というキャラクターの名称だとして、"Over Quartzer" 全体はどういう意味になるのでしょうか?

"over" には色々な意味がありますが、"Over Quartzer" という表現においては「~を超えて」という意味ではないでしょうか。

"over" の「~を超えて」という意味にも、「~に勝る、~を克服して、~を通り過ぎて」という様々な意味が含まれますが、"Over Quartzer" ではどの意味で使われているのでしょうか?

明確なところは不明ですが、漠然と「クォーツァー(歴史の管理者)を超えて」とするのでも映画のタイトルとして一応は通用しそうです。 「仮面ライダージオウ ~クォーツァーを超えて~」という感じ。 「クォーツァーを乗り越えて」という感じなんでしょうかねえ?

トップページに戻る