「オッドアイ」の意味は? なかんずく「オッド」の意味を教えて!

質問:「オッドアイ」とは、どういう意味ですか?なかんずく「オッド」の意味を教えて下さい。

回答:「オッドアイ」とは「瞳の色が左右の目で異なること」です。 例えば、左目が青色で右目が金色なのが「オッドアイ」です。「オッドアイ」は「ヘテロクロミア」や「虹彩異色症」と同じ意味です。

「オッド」の意味については以下をご覧ください。

1.「オッド」の意味

1.1. 元の英語

形容詞 "odd-eyed"

「オッドアイ」は英語の "odd-eyed" に由来する言葉です。 "odd-eyed" は形容詞で「オッドアイの~」という意味です。 "an odd-eyed cat" などの使い方をします。
"~eyed" で「~な目をした、~な目つきの」という意味です。

名詞 "odd-eye(s)"

英語の辞書に載っているのは形容詞 "odd-eyed" だけですが、実際には "odd eye" という名詞も使われます。

ただし、"an odd eye" は「オッドアイの片目」を意味します。 「オッドアイの両目」と言うには "odd eyes" を用います。
"He has odd eyes." で「彼はオッドアイだ」。

1.2.「オッド」は "odd"

「オッド」に対応するのは "odd" です。 "odd" は「奇妙な」という意味が有名ですが、"odd-eyed" の "odd" の意味は「奇妙な」ではありません。

1.3. "odd-eyed" の "odd" の意味

"odd-eyed" の "odd" は「対応するペアが存在しない、本来のペアでないものが対(つい)になっている」という意味です。

用例

この意味の "odd" は例えば次のように使います:

  • an odd shoe ・・・ 片方が失われ片足ぶんだけ残っている靴。
  • wear odd socks/gloves ・・・ 本来のペアではない靴下や手袋どうしを組み合わせて着用すること。("wear" は動詞。意味は「着用する」)

"odd-eyed" の "odd" の場合

"odd-eyed" の "odd" は、こうした "odd" と同じ意味です。「同じ色をした2つの瞳」を本来のペアとし、両目の瞳の色が揃っていないケースを「本来のペアではない瞳の組み合わせ」と見なすわけです。

2. 補足

2.1. "odd" について

  • "odd" には「残余の、余り物の、奇数の」といった意味もあります。 "an odd number" で「奇数」。
  • "odd" の前身である中世英語 "od" は「2つに分けたときに残った」という意味でした。「奇数の」や「残余の」という意味に通じる意味です。

2.2. "heterochromia" の語源

"heterochromia" を分解すると "hetero-" と "chromia" です:

  • hetero- ・・・「異なる」を意味する接頭辞。
  • chromia ・・・「色」を意味する古代ギリシャ語「χρῶμᾰ(khrôma)」に、病名などに用いられる接尾辞 "-ia" がくっついた言葉。
"heterochromia" を字義通りに訳すと「異色症」です。
"heterochromia" に対応する日本語は先述の通り「虹彩異色症」です。 "heterochromia" の本来の意味「異色症」に「虹彩」と付け加えて分かりやすくしています。

トップページに戻る