「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の意味を教えて!

質問.: 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』という映画の「ノー・タイム・トゥ・ダイ」って、どういう意味ですか?

回答.:「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は「死ぬ(ための)時間がない」という意味です。 「死ぬ間もない」とか「死んでるヒマもない(おちおち死んでいられないぜ)」ぐらいの意味かもしれません。

別の解釈としては、「死んでる場合じゃない」というのもあり得ます。

解説

「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は "no time to die" という英語をカタカナで表記したフレーズです。

  • no time ・・・「時間がない、時間がゼロ」あるいは「(~するべき)ではない時」という意味です。
  • die ・・・「死ぬ」という意味の動詞です。
  • to die ・・・ 不定詞の形容詞的用法です。

不定詞の形容詞的用法

不定詞の形容詞的用法とは、不定詞が形容詞として働くことです。 "no time to die" であれば、"to die" が形容詞として名詞(ここでは "no time")を修飾します。

「修飾」とは?
修飾とは説明(情報を付加)することです。 "no time" という表現に「死ぬための(to die)」という情報を付加するのが "to die" です。
学校の英語では、不定詞の形容詞的用法を「~すべき」や「~するための」と訳すと習うと思います。

2つの解釈

"time to die" を「死ぬために費やす時間」という意味に取るなら、"no time to die" は「死ぬための時間がない(死んでるヒマもない)」という意味です。 "There is no time to die." なら「死んでるヒマも(は)ない」。

いっぽう、"time to die" を「死ぬべき時、死にどき」の意味に取るなら、"no time to die" を「死んでる場合じゃない」と解釈することになります。 "It's no time to die." で「死んでる場合(死ぬべきとき)じゃないぜ」。
2つの解釈の違いは、"time" を「費やされる時間」の意味に捉えるか「タイミング」の意味に捉えるかです。

トップページに戻る