「メトセラ」の意味は?

質問.:「メトセラ」ってなんですか?

回答.:「メトセラ」とは長生きな高齢者」のことです。 世界最古として知られる樹木に付けられた名前でもあります。

詳細

長生きな高齢者

  • 「メトセラ」は "Methuselah" という英語をカタカナで表記した言葉です。
  • メトセラはキリスト教などの聖書に登場する伝説上の人物(ノアの箱舟の話に登場するノアの祖父)の名前です。 メトセラは969年も生きたと伝えられており、高齢者あるいは長命者の代名詞ともなっています。

樹木の「メトセラ」

  • 上述のメトセラという人物にちなんで、現時点で知られるなかでは世界最古の樹木に「メトセラ」という名前が付けられています。
  • 樹木の「メトセラ」はインヨー国立森林公園(米国カリフォルニア州)の海抜 2,900~3,000mの場所に生えていますが、詳細な位置は秘匿されています。
  • 樹木の「メトセラ」は 1957年の夏の時点で 4,789才でした(年輪の数が 4,789だった)。 2020年には 4,852才になります。 メトセラは紀元前 2833年に発芽したと推算されます。
  • 樹木の「メトセラ」はマツの木の一種(学名:Pinus longaeva)です。 Pinus longaeva は米国のカリフォルニア州・ネバダ州・ユタ州の辺りにしか生えていません。
  • 樹木の「メトセラ」の通称名は Great Basin bristlecone pine(グレートベースン・ブリスルコーン・マツ) や intermountain bristlecone pine(山岳間ブリスルコーン・マツ)です。 「グレートベースン」は、カリフォルニア州・ネバダ州・ユタ州の辺りを刺す地名です。

世界最古の樹木「メトセラ」

画像提供:Jane S. Richardson