クリスマスは? 羊は?「メリー」の2つの意味

質問.:「メリー・クリスマス」だとか「メリーさんの羊」だとか「メリーゴーランド」だとか、世の中には多くの「メリー」がありますが、この「メリー」は一体どういう意味ですか?

回答.:「メリー」には次の2種類があります:

  1. "Mary" -「メリー(メアリー)」という人の名前
  2. "merry" -「楽しい・愉快な・幸せな・陽気な」を意味する英語の形容詞

いろいろな「メリー」

メリーさんの羊

「メリーさんの羊」の「メリー」は "Mary" という人名です。 「メリーさんの羊」とは「メリーという女の子(1)が所有する羊」という意味なのです。

クリスマス

「メリークリスマス」や「メリーゴーランド」の「メリー」は "merry" です。 「メリークリスマス!(Merry Christmas!)」は「楽しいクリスマスを!」という意味です。

遊園地の乗り物

「メリーゴーランド」は英語に戻すと "merry-go-round"(2) で、この "merry" も「楽しい」という意味です。

赤ん坊の頭上でグルグル回る玩具

赤ん坊をあやすため寝ている赤ん坊の頭上でグルグル回る玩具が「メリー」と呼ばれますが、この「メリー」も "merry" でしょう。

英語では、この手の赤ん坊向けの玩具は "mobile"("crib mobile" や "baby mobile" など)と呼ばれます(3)が、商品名に "merry-go-round" と入っている "mobile" も存在します("merry-go-round mobile" など)(4)

注釈 (1)~(4)

(1)

「メリーさんの羊」の原題は "Mary Had a Little Lamb"。 その歌詞を見ると、「メアリーが学校に行き、それに羊が付いていった」とあります。 学校に通っているのですから「メリーさん」は子供です。

上記のリンク先には歌詞だけでなく説明もあります。 それによると、この童話は実話に基づくもので、14才の女の子が羊を学校に連れていき騒ぎになったとのこと。 女の子のフルネームは Mary Sawyer。 米国マサチューセッツ州に住んでいました。

"Mary Had a Little Lamb" の詩を作ったのは、Sarah Josepha Hale(1788~1879年)という人物で、その詩に Lowel Mason という作曲家が 1830年代にメロディーをつけました。
(2)

"merry-go-round" の "go round" は「回転する、旋回する」などの意味です。

"merry" と "go round" の文法的な関係は不明ですが、「回転して楽しい遊具」ということで良いんじゃないでしょうか。

"merry-go-round" に語調が似る言葉に、"merry-totter(シーソーなどの遊具)" や "merry-go-down(強いお酒)" や "merry-go-sorry(喜びと悲しみが入り混じった気持ち)" があります。 いずれも15~16世紀に使われていた言葉です。

"merry-go-round" という言葉は18世紀から使われ始めたようです。 "merry-go-round" という言葉の誕生には "merry-go-down" や "merry-totter" といった既存の言葉の影響があるかもしれません。
(3)

"mobile" は「動く」を意味する動詞 "move" の形容詞形で、そこから転じて「動くもの」とか「(携帯電話のように)移動時に使えるもの」という意味の名詞としても使われます。

"crib" は「ベビーベッド」という意味です。

(4)
"merry-go-round mobile" の "merry-go-round" は必ずしも遊園地のメリーゴーランドにちなむのでもないかもしれませんね。 「楽しげに回転する」ものであれば、どんなものでも "merry-go-round" と呼べるでしょうから。

トップページに戻る