「マークスマン」の意味は? 「スナイパー」との違いは?

質問:「マークスマン」とは、どういう意味ですか? 「スナイパー」との違いも教えて!

回答:「射撃が上手な者」という意味です。

「スナイパー」との違いなど詳しくは以下を御覧ください。

1. 英語に戻すと

「マークスマン」を英語に戻すと "marksman" です。

2. "marksman" の意味

"marksman" の意味は次の通り:

  1. (銃や弓などによる)射撃が上手な者
  2. 米国で銃器の腕前を示すランクの1つ
  3. (サッカーで)点を取る人、ゴールを決める人

銃器の腕前を示すランク

米国では、陸軍海兵隊あるいは警察民間団体(1) が、射撃が上手な人(2)射撃の技量を認定するバッジ(marksmanship badge)を与えます。

(1) CMP(Civilian Marksmanship Program)やNRA(National Rifle Association )。

(2) 特定の訓練コースを修了したか、競技大会で優秀な成績を収めた人。

このバッジには3つのランクがあります:

  1. Expert
  2. Sharpshooter
  3. Marksman
最上位が "Expert" で、"Marksman" は最下位です。
米海軍も射撃の腕前に関して同様の区分があるが、認定証がバッジではなくリボン

3. 言葉の成り立ち

"marksman" は、"mark" と "-s-" と "man" から成ります:
  1. mark ・・・「射撃のターゲット」を意味する名詞
  2. -s- ・・・「~の」を意味する接合辞
  3. man ・・・「人」を意味する名詞

4.「マークスマン」と「スナイパー」との違い

4.1. 辞書での比較

「スナイパー(狙撃手)」を英語に戻すと "sniper" です。

複数の英英辞典の "sniper" の定義を総合すると次の通り:

隠れた場所や離れた場所から(主にライフルを用いて)ターゲットを狙い撃つ人

この定義から、「マークスマン」と「スナイパー」の間に次の2つの違いが浮かび上がってきます。

「腕前」か「役割」か

「マークスマン」は「射撃が上手な人」です。 射撃の腕前に意味の重点があります。

「スナイパー」は「狙撃手」です。「狙撃」という役割を担うのがスナイパーです。

「狙撃」と「射撃」の違い

「マークスマン」は「射撃」全般ですが、スナイパーは「狙撃」に限定されます。
「狙撃」は「射撃」の一種。 「射撃」の意味の範囲に「狙撃」が含まれる。

4.2. Wikipedia での比較

ところが Wikipedia(英語版)で "marksman" と "sniper" の意味を比較すると、辞書のような違いが両者の間にありません。

それぞれの Wikipedia における定義を次に記載します。

マークスマン

マークスマンとは、遠距離武器(スコープ付きの狙撃用ライフルなど)を用いて重要なターゲットを比較的遠距離から射撃する人。

スナイパー

スナイパーは軍属のマークスマンであって、隠れた場所または離れた場所からターゲットに察知されることなくターゲットを狙う人。 スナイパーは特殊な訓練を積み、高性能なスコープの付いた高精度ライフルを装備しているのが普通。

どちらも狙撃手

このように、Wikipedia の説明ではマークスマンもスナイパーも狙撃手です。

違いは?

上記の定義を見るとスナイパーは軍人に限られますが、マークスマンは軍人とは限りません(Wikipedia の "marksman" のページも軍人の話ばかりですけれど)。

Wikipedia の "marksman" のページによると、軍属のマークスマン(military marksman)は軍の主力と一緒に行動しますが、スナイパーは単独または極少数のチームで特殊な作戦に従事します。 また、スナイパーは偵察要員を兼ねることがあります。

トップページに戻る