アニメ「メイドインアビス」のタイトルの意味

メイドインアビス」というタイトルのTVアニメ(や同名のコミック)がありますが、このタイトルは一体どういう意味なのでしょうか?

「メイドインアビス」は "MADE IN ABYSS"

「メイドインアビス」は "MADE IN ABYSS" という英語をカタカナで表記した言葉です。

劇場版アニメ「メイドインアビス」の公式サイトを見ると、「メイドインアビス」のロゴの右上にとても小さい字でアルファベットが記載されていますが、これを拡大表示すると "MADE IN ABYSS" と書かれているのが分かります。

"MADE IN ABYSS" の意味

"MADE IN ABYSS" の頭文字以外を小文字にすると "Made in Abyss" となります。 全部が大文字になっているのに特に意味はないでしょう。 タイトルではよくあることです。

さて、その "Made in Abyss" ですが、このフレーズは「アビスで作られた」という意味です。

以下に、"Made in Abyss" という英語の意味を "Made in" と "Abyss" に分けて説明しましょう。

"Abyss" の意味

"abyss" には「底しれぬ深い穴」などの意味があります。 詳しくは「「アビス」の意味」を参照してください。

アニメ「メイドインアビス」では「秘境の大穴」という意味で『アビス』が使われています。

"Made in" の意味

"Made in~" は「~で作られた」という意味です。

"Made in~" の "made" は「作る」などの意味を持つ動詞 "make" の過去分詞形で「作られた」という意味になります。

"Made in~" の "in" は「~で」という意味です。

「メイドインアビス」の意味

"Made in~" が「~で作られた」で、"Abyss" がこのTVアニメでは「秘境の大穴」という意味なので、「メイドインアビス」は「秘境の大穴で作られた」という意味になります。

「メイドインアビス」というタイトルは、リコに拾われた記憶喪失のロボットである「レグ」が「アビス」の中で作られたことを示唆しているのではないでしょうか?

「大穴の中のメイド」ではない

「メイドインアビス」というカタカナだけを見たとき、私は次の2つの可能性を考えました:

  1. Made in Abyss(大穴で作られた)
  2. Maid in Abyss(大穴の中のメイド)

2.の「メイド」とは召使いの意味の「メイド」です。

公式サイトを訪れて「メイドインアビス」が "MADE IN ABYSS" だと知った後も、「"Made in Abyss" と "Maid in Abyss" を(ダジャレのように)かけているのではないか?」という疑念を捨てきれませんでした。

しかし、キャラクター一覧を見ると少なくとも主要キャラクター5名の中にはメイドらしき格好をした人はいませんでした。

「メイドインアビス」に "Maid in Abyss(大穴の中のメイド)" という意味は込められていないようです。