"leg" と "foot" の違い

英語の "leg" と "foot" の違いを説明します。

"leg" と "foot" の意味

"leg" は日常的な意味では「足全体」を指しますが、解剖学の用語としては「足首から膝までの部分(すね)」の部分を指します。

"foot" は日常的な意味でも解剖学的な意味でも「足首から下」の地面に接する部分を指します。
多くの辞書では "foot" を「"leg" のうち足首から下の部分」と説明していますが、こうした説明では "leg" を日常的な意味(足全体)で使っているのでしょう。

解剖学での「足」の呼称

上述のように、解剖学では足首から下が "foot"、そして脛(すね)の部分を "leg" と言います。

それでは膝から上の部分は何と言うのでしょうか? 足全体を指し示したいときには、どんな言葉を使うのでしょうか?

解剖学では、足全体を指して "lower limb(下肢)" と言います。 そして、膝から上の部分は "thigh(太もも)" と言います。

つまり、解剖学では「thigh + leg + foot = lower limb」です。

日本語だと「太もも + 下腿(すね)+ 足 = 下肢」です。

おまけ

  1. "foot" の複数形は "feet" です。 "leg" の複数形は "legs" です。
  2. 無脊椎動物(カタツムリなど)が移動に用いる部位を指し示すには "leg" ではなく "foot" が用いられます。