"it's" と "its" の違いをやさしく解説

"it's" と "its" の違いを簡単に説明します。

"its" と "it's"

"its" は "it" という代名詞の所有格です。 "it" が「それ」という意味なので、"its" は「その」という意味になります。

"it's" は "it is" が短縮された言葉です。 "it is" は大雑把に言えば①「それは~である」という意味、または②「それは存在する」という意味のどちらかです。 しかし、"it" は様々な使われ方をするので "it" の意味を数行で網羅することはできません。 "it" は日本語に訳さないことも少なくありません。

アポストロフィー

"it's" に使われている 「'」 という記号は「アポストロフィー(apostrophe)」と呼ばれます。 アポストロフィーは言葉の短縮に用いられる記号です。

用例

It's mine.
それは私のだ。
# "It's mine." は "It is mine." が短縮されたもの。 "mine" は「私のもの」という意味。
Its meaning is difficult.
その意味は難しい。
# "its" が「その」で、"meaning" は「意味」、そして "difficult" は「難しい」という意味です。
It's too late.
手遅れだ。
# "late" は「遅い」という意味。 この "It's" を分解した "It is" の "It" は漠然とした状況を指し示すので、日本語のほうに対応する言葉が存在しません(和訳するときに日本語にしない)。