"Gone but not forgotten." の意味

"Gone but not forgotten." の意味を説明します。

意味

"Gone but not forgotten." は「去りはしたが忘れられていない」という意味です。

解説

"Gone but not forgotten." は、「ボニー&クライド」として知られた米国の犯罪者カップルのクライド(Clyde Champion Barrow)のほうの墓碑銘(墓石に刻まれる短い言葉)として知られるフレーズです。

ボニー&クライドは大恐慌のころに銀行強盗を繰り返し、両名とも1934年5月23日にで警官隊に襲撃されて撃ち殺されました。 2人とも20代前半の若さでした。 ボニー(女)とクライド(男)は別々の墓に埋葬されました。

ボニーとクライドは同じ墓に埋葬されることを望んでいましたが、ボニーの家族がそれに反対したため実現しませんでした。

ボニー(1910~1934年)はテキサス州ダラスにある Fishtrap Cemetery という墓地に埋葬されました(1945年に Crown Hill Cemetery という墓地に移された)。 クライドはテキサス州ダラスにある Western Heights Cemetery という墓地に埋葬されました。
Google マップ で調べると、Fishtrap Cemetery は Western Heights Cemetery から歩いて41分の距離ですが、Crown Hill Cemetery は9マイル以上も離れていて、車で21分もかかります。 ボニーの墓の場所が変わって、2人の遺骨の距離は離れました。

クライド(1909~1934年)は兄のマービン(1905~1934年)と同じ墓(同一の墓碑の下に)に埋葬されていて、その墓碑銘が "Gone but not forgotten." です。

ちなみにボニー(Bonnie Elizabeth Parker)のほうの墓碑銘は次のようなものです:
As the flowers are all made sweeter by the sunshine and the dew, so this old world is made brighter by the lives of folks like you.
花々がどれも太陽の光と露で魅力を増すように、この退屈な世界はあなたのような人たちにより明るさを増すのです。

墓碑銘は他人が決めたり本人が生前に決めておいたりしますが、ボニーもクライドも誰が墓碑銘を選定したのか分かっていません(クライドのほうは、本人が生前に選定していたという説もある)。

英語の解説

"Gone but not forgotten." の文頭に "He is" が省略されていると考えられます(兄のマービンも墓碑銘に含むと考えるなら "He is " でなく "They are")。

"He is" を補うと "He is gone but not forgotten." となります。

"He is gone but not forgotten." は "He is gone but (he is) not forgotten." ということです。 2つめの "he is" が重複するので省略されているわけです。

"He is gone." も "He is not forgotten." も、「Be動詞+過去完了形」を現在完了形(have +過去完了形)の意味で使っています。 「Be動詞+過去完了形」といえば受動態(~される)ですが、受動態のほかに現在完了形の代用としても用いられます。

"He is gone." も "He is not forgotten." も完了形なので、「~してしまった(そして今もその状態で、その影響が物理的あるいは精神的に残っている)」という意味になります。

したがって "He is gone." は、「彼は去ってしまった」となります。 "gone" は "go(行く)" の過去分詞形です。 「去る」とは「この世から去る」ということです。

同様に "He is not forgotten." は「彼は忘れられていない」という意味になります。 こちらは「Be動詞+過去完了形」を受動態の意味に捉えても意味が成立します。