「ファウンテン」の意味と語源とマメ知識

質問.:「ファウンテン」とは、どういう意味ですか?

回答.: 「噴水(ふんすい)」または「」という意味です。

解説

「ファウンテン」は "fountain" という英語をカタカナにした言葉です。

"fountain" の意味

"fountain" の主な意味は次のようなものです:

  1. (公園などにあるような)噴水
  2. 人為的に噴出される液体(水など)
  3. (自然の)泉
  4. (比喩的に)源、源泉

"fountain" の語源

"fountain" の語源を突き詰めると、「泉」を意味するラテン語 "fōns" に行き当たります。

マメ知識

「噴水」の意味を持たず専(もっぱ)ら「泉、湧水」の意味で使われる英語の名詞は "spring" あるいは "wellspring" です(この "well" は「井戸」の意)。

「泉」の意味の "spring" は、動詞の "spring" に由来しています。

動詞の "spring" の根本的な意味は「勢いよく吹き出る」です。 この根本的な意味から「湧出する」や「芽吹く」や「飛び跳ねる」といった意味が生まれています。

そして、こうした動詞の意味から「バネ(スプリング)」や「(季節)」といった "spring" の名詞としての意味が生まれました。 「春」の意味の "spring" は "Spring" と大文字で始まります。

カタカナ語の「ファウンテン」

  • ソーダ・ファウンテン(soda fountain): ファミレスのドリンクバーにあるような飲みもの供給器のことです。
  • ファウンテン・ペン(fountain pen): 万年筆のことです。
  • ファウンテン・オブ・ウィズダム(fountain of wisdom): 知恵の泉(知恵袋)。
  • ファウンテン・オブ・ウェルス(fountain of wealth): 富の泉。 "wealth" に「富」という意味があります。
  • ファウンテン・オブ・ユース(fountain of youth): 若返りの泉。 "fountain of youth" は噴水であることもありますが、泉であることが多いでしょう。

トップページに戻る