ファッション、投資、ブランド... 「エシカル」の意味は? 対義語は?

質問.エシカル」って、どういう意味ですか?

回答.倫理的な」などの意味です。 詳細は以下をご覧ください。

原語は "ethical"

「エシカル」は "ethical" という英語の形容詞をカタカナにした言葉です。

意味

"ethical" の意味は主に2つです:

  1. 倫理(学)に関する
  2. 倫理的な

倫理」とは「道徳的な善悪を区別するときの基準」です。

倫理的な」とは、「善い、道徳的に正しい、道徳的に受け入れられる」ということです。 道徳的な善悪の区別において「善」の側に入るものを「倫理的」と称するわけです。

由来

"ethical" は「倫理」を意味する名詞 "ethic" の形容詞形です。

対義語

"ethical" の対義語(反対の意味の言葉)は "unethical" です。

"unethical" は「非倫理的な(倫理に反する、悪い)」という意味です。
"ethical" には「倫理(学)に関する」と「倫理的な」という2つの意味がありますが、"unethical" は後者の対義語です。

カタカナ語「エシカル」の用例

エシカル・ファッション

原語は "ethical fashion"。

「エシカル・ファッション」とは「労働者・地球環境・動物愛護などにおいて倫理的なファッション(衣料品や装飾品など)」のことです。
(商品のデザインから消費者が消費して捨てるまでの各段階において)地球環境に優しい動物を虐殺・虐待していない(毛皮やワニ革を使っていないなど)、弱者(子供など)の労働力を搾取していないなどを志向するファッションが「エシカル・ファッション」です。

"ethical fashion" の定義は明確に定まっておらず、意味が変化し続けています。

エシカル・ブランド

原語は "ethical brand"。

「エシカル・ブランド」とは「労働者・地球環境・動物愛護などにおいて倫理的であるうえ社会にも貢献するブランド」のことです。

エシカル・インベストメント

原語は "ethical investment"。

利益だけでなく社会や環境への影響も考慮して行われる投資」が「エシカル・インベストメント」です。
「エシカル・インベストメント」では例えば、軍需産業(社会に有害)・石油会社(環境に有害)・タバコ会社(社会に有害)に投資しません。

"investment" は「投資」という意味です。 「エシカル・インベストメント」と同じ意味の言葉に「エシカル投資」があります。

エシカルな消費、エシカル消費

英語にすると "ethical consumption"。

「エシカルな消費」や「エシカル消費」は「地球や社会へ悪影響を及ぼさない商品やサービスを消費すること」という意味です。「倫理的消費」も同じ意味です。

消費行動を通じて「エシカル」な商業活動を促進しようとするのが「エシカル(な)消費」です。
「エシカル(な)消費」も定義が曖昧な言葉で、「大企業よりも中小企業を応援」とか「地産地消を是とする」という意味合いもありますし、「有機農作物が良い」とか「放し飼いの鶏が良い」とか「ベジタリアンが良い」という価値観が入り混じることもあります。

"ethical sonsumer" という英語があるので、「エシカル消費者」という言葉も近々生まれるかもしれません。 あるいは既に生まれている...?

「エシカルな問題」

英語にすると "ethical issue" や "ethical problem"。

「エシカルな問題」とは「倫理が関わる問題、倫理に関する問題」のことです。
「エシカルな問題」は、上記の4つの「エシカル」の用例と違って、「エシカル」が「倫理(学)に関する」の意味で使われています。
"issue" は「問題、事柄」という意味です。 "ethical issue" は、そのまま「エシカルなイシュー」と言うこともあります。 "issue" が「イシュー」というカタカナ語として定着しているので。