"err on the side of..." と "err on the...side" の意味

"err on the side of..." と "err on the...side" の意味を解説します。

目次
  1. 大意
  2. 言葉の意味
  3. 詳しい意味
  4. バリエーション (err on the side of safety, err on the safe side, err on the right side, err on the side of generousity, err on the lighter side)
  5. 例文

大意

"err on the side of..." や "err on the...side" は「(判断が付かないときに)慎重になる、用心する、控えめにする」という意味です。 ただし、例外(下記参照)もあります。

"err on the side of..." や "err on the...side" は格言やアドバイスとして使われることが多く、その場合には「慎重になりなさい、用心しなさい、控えめにしなさい」といった感じの意味になります。

言葉の意味

err

"err" は動詞で「誤る、間違いを犯す、ミスをする」という意味です。

"err" が命令文で使われているなら、それは「間違いなさい」という意味です。

"on the side of..."、"on the...side"

"on the side of..." も "on the...side" も「...のがわに、...のほうに」という意味です。

"on the side of..." も "on the...side" も意味は同じです。 「...」の部分が1語で済むなら "on the...side" も可能ですが、2語以上になるなら "on the side of..." が使われます。

直訳

"err on the side of..." や "err on the...side" を直訳すると、「...の側に間違う」となります。

詳しい意味

"Err on the side of caution." という格言を例に、"err on the side of..." の意味を詳しく説明しましょう。 "err on the...side" も同じように理解できます。

"Err on the side of caution." を直訳すると「用心の側に間違いなさい」となります。

「用心の側に間違いなさい」とは「状況がよく分からないときには、用心が必要なのに用心しないミスをするよりも用心が不要なのに用心してしまうミスをしなさい」ということです。

石橋を叩いて渡る」や「転ばぬ先の杖」と同じような意味です。

バリエーション

以下に、"err on the side of..." や "err on the...side" が使われる様々な表現の意味を記載します。

以下は命令文で統一していますが、実際には "err on the side of..." や "err on the...side" が他の文に組み込まれて使われるケースが多数です。

Err on the side of safety.
安全の側に間違いなさい。

# "caution(用心、警戒)" を "safety(安全)" に置き換えただけの表現です。 "caution" の場合と意味はほとんど変わりません。 よく見かけます。

「どれぐらい安全に気をつけて振る舞えばよいか分からないなら、安全に気をつけすぎなぐらいに振る舞いなさい」ということです。
Err on the safe side.
安全の側に間違いなさい。

# "err on the side of safety" と同じ意味です。

"Err on the safety side." という言い方もあり、これも同じ意味です。 "safety" は名詞ですが形容詞的に使われています。
Err on the right side.
正しい側に間違いなさい。

# "Err on the side of caution" から派生したのだとすれば、この表現は矛盾を含んでいます。 "Err on the right side." を実践できるなら「正しい側」を分かっているわけですが、"Err on the side of..." 系の表現は「何が適切なのか分からない」が前提なのですから。

Err on the side of generousity.
寛大な(気前のよい)ほうに間違いなさい。

# 「どれぐらい寛大に振る舞うべきか見当がつかないなら、非寛容に傾きすぎるよりも寛容に傾きすぎるように振る舞いなさい」 「寛大に振る舞っておけば間違いはない」

"generousity" は「寛大さ、寛容さ、気前の良さ」。
Err on the lighter side.
(色調や運動の激しさなどを)軽めにしておきなさい。

例文

"err on the side of..." や "err on the...side" が実際にどのように使われているかを見てみましょう。

err on the side of safety

Senator John F. Kennedy declared yesterday the United States should "err on the side of safety" in setting up its defenses against the Communist threat.
ジョンFケネディ上院議員は昨日、共産主義者の脅威に対して米国が「安全なほうに間違う」べきであると宣言した。
# ニューヨーク・タイムズ紙の 1960年の記事。

err on the safe side

"Do fetuses feel pain? We don't know; better to err on the safe side from mid-gestation."
「胎児は痛みを感じるか? 不明である。 妊娠中期からは念のために用心を」
# 医学論文のタイトルです。 "err on the safe side" を「念のために用心する」と訳してみました。
The CDC states that if the origin is not labeled then you should err on the safe side and not consume the lettuce
CDC(米国疾病予防管理センター)は「産地が表示されていないレタスは用心のため食べない方がよい」と述べている。
# 2019年に米国で大腸菌に汚染されたレタスが問題になったときのニュースの一文です。

err on the side of caution

It is better on your first few weights sessions to err on the side of caution, and start with a weight which is lighter than you think you can handle.
ウェイト(バーベルとか)を用いた運動を初めてやるときには用心して、「自分が扱える」と思うよりも軽めのウェイトで運動を始めるとよい。
25 people have replied to the invitation, but I've erred on the side of caution and put out 30 chairs.
募集に25人が応じたが、念のために30脚の椅子を用意した。
# 「来るのは25人だけど(もっと来るかもしれないから)余裕を見て30脚を用意した」

err on the side of generosity

When I discussed the matter with ministers in July I said that we should err on the side of generosity.
7月に閣僚と討議したとき、私は「我々は寛容な方向に誤るべきだ」と言った。
# 「不寛容であり過ぎるよりは、寛容であり過ぎるほうが良い」

err on the lighter side

To ensure your tan looks as natural as possible, you should err on the lighter side.
なるべく自然な日焼けに見えるように、(使用量を)軽めにしておくべきだ。
# スプレー・タニング(spray tanning)と呼ばれる日焼け剤の話です。
Always err on the lighter side with brow pencil, otherwise you'll look like Mr. Potato Head with his angry eyes.
ブロー・ペン(眉毛を描くためのペン)は常に軽めを心がけること。 さもないと Mr. Potato Head の怒った眉毛みたいになっちゃいますよ。
Err on the lighter side if you’ve never done a row before.
これまでにロー(ダンベルを用いたウェイト・トレーニングの一種)をやったことがないなら、軽めにすること。
# ウェイトの重量のことなのか、ローの回数のことなのかは不明です。
If you've ever lifted weights, you've probably wondered more than once just how much weight you should lift. According to a study done by the University of Michigan, most of us tend to err on the lighter side.
筋力トレーニングをしたことがあるなら、一度ならず疑問に思ったはずです。 自分にはどれぐらいの重さのウェイト(ダンベルとか)が適切なのか、と。 ミシガン大学の研究によると、大部分の人は軽すぎるウェイト選ぶ傾向にあります。
# この例文はここまでの他の例文と違い、「正誤が判明している状況で間違ったほうを選択する」という意味で使われています。 「大部分の人がその人に適した重さのウェイトよりも軽いウェイトを使用する」というのは、そういうことです。