「ドント シンク フィール」の意味

「ドント シンク フィール」の意味を解説します。

意味

「ドント シンク フィール」は「考えるな。感じるんだ」という意味です。 「頭で考えてばかりせずに、自分の気持ちに従って行動しなさい」ということでしょう。

解説

「ドント シンク フィール」はブルース・リーの映画のセリフです。

「ドント シンク フィール」の元となった英語を調べると、次のようなバリエーションがあります:

  • "Don't think. Feel."
  • "Don't think, feel."
  • "Don't think... feel."
  • "Don't think! Feel!"

いずれにしても、"Don't think." と "Feel." という2つの文の組み合わせです。 この2つの文について以下に説明します。

  • "Don't think." は否定の命令文です。 "Think." だけなら「考えろ」という意味で、そこに「~するな」を意味する "Don't" が付いて「考えるな」という意味になっています。
  • "Feel." は「感じなさい」という意味です。 "feel" は「感じる」という意味の動詞で、命令文として使う場合には一語だけでも文として成立します。 "Think." も同様。

"Don't think. Feel." であれば「考えるな。 感じろ」ですが、"Don't think, feel." なら「考えるんじゃなく感じるんだ」です。 意味にほぼ違いはありません。

"Don't think... feel." なら「考えるな... 感じろ」ですし、"Don't think! feel!" なら「考えるな! 感じろ!」です。