007映画『ダイ・アナザー・デイ』のタイトルの意味を教えて!

質問: 007映画『ダイ・アナザー・デイ』の『ダイ・アナザー・デイ』とは、どういう意味ですか?

回答:「後日に死ぬ(のに生き延びる)」という意味です。

詳しくは以下をご覧ください。

1. 元の英語

「ダイ・アナザー・デイ」を英語に戻すと "Die Another Day" です。

映画『ダイ・アナザー・デイ』の原題は『Die Another Day』。 原題をカタカナにしただけの邦題です。

2. "Die Another Day" の意味

2.1. 直訳

"die another day" を直訳すると「別の日(後日)に死ぬ」です。

  • die ・・・ 死ぬ
  • another day ・・・ 別の日(に)、後日(に)

2.2. 完全な表現は "live to die another day"

《警告》

以下には、この映画のネタバレを含みます。

この映画をまだ観ていない人は、この先を読まないほうが良いかも。
原題の "Die Another Day" は、この映画の作中でジェームズ・ボンドが悪役グスタフ・グレーブスに向ける次のセリフに由来します。
"So you lived to die another day... Colonel."
「生き延びていたわけか。 どのみち死ぬことになるがな... 大佐」
# この「どのみち死ぬことになる」とは「お前はオレが殺す」ということです。

グスタフ・グレーブスはタン・サン・ムーン大佐が遺伝子療法で容姿を変えて別人になりすました人物。 ムーン大佐は映画の最初のほうで、自動車ごと崖から落ちて死んだと思われていました

"live to die another day" の解説

  • live ・・・「生きる」
  • to ・・・ 動詞 "die" と組み合わさって不定詞を形成する。
  • die another day ・・・「別の日(後日)に死ぬ」
ポイントは不定詞

この表現では不定詞が副詞的用法として用いられています。 副詞的用法の不定詞は「~するために」という目的の意味に訳すのが基本です。

意味は「運命」

ですが、この副詞的用法は「~することになる」という運命の意味に訳します。

「~することになる」を "live to die another day" に当てはめると、「別の日(後日)に死ぬ運命にあるけれど(とりあえず今日は)生きている(生き延びた)」です。

例えば戦場の兵士
"live to die another day" の分かりやすい使用例は、戦争に参加している兵士です。「どうせこの戦争で死んじゃうんだろうけど、とにかく今日の戦闘は生き延びた」というわけです。
"live" を "survive(生き残る)" に置き換えて "survive to die another day" とすると意味を掴みやすいでしょう。

トップページに戻る