「ダンデライオン」の意味は? 語源は? ライオンと関係あるの?

質問.:「ダンデライオン」の意味を教えて下さい。 ライオンと関係ありますか?

回答.:「ダンデライオン」は「タンポポ」という意味です。 道端などに生え黄色い花を咲かせる例の植物です。 そして、そう、「ダンデライオン」はライオンと関係があります

解説

「ダンデライオン」は "dandelion" という英語をカタカナにした言葉で、この "dandelion" が「タンポポ」という意味です。

「ダンデライオン」の語源

"dandelion" の語源は「ライオンの歯」を意味する中世ラテン語 "dēns leōnis" です。 このラテン語からフランス語(1)を経由して15世紀(2)に英語に輸入されました。

(1) フランス語は "dent-de-lion"。

(2) 1505~1515年(つまり16世紀)という説も。

"dēns leōnis" の "leōnis" が「ライオンの」という意味で、"dēns" が「歯」という意味です。

ライオンとの関係

タンポポが「ライオンの歯」と呼ばれるのは、タンポポの葉がライオンの歯に似ているからです。

「ダンデライオン」の現状

フランス語の "dent-de-lion" は一部の地域を除いて使われなくなりました(1)が、スペイン語やポルトガル語、イタリア語ではラテン語 "dēns leōnis" に由来する言葉が「タンポポ」の意味で使われています(2)

(1) 現在のフランス語で「タンポポ」の意味で使われるのは "pissenlit"。

(2) スペイン語では "diente de león"、ポルトガル語では "dente-de-leão"、イタリア語では "dente di leone"。

ドイツ語で「タンポポ」を意味する "Löwenzahn" も、綴(つづ)りは全く違いますが、ラテン語 "dēns leōnis" に由来しています。 "Löwe" が「ライオン」という意味で、"zahn" が「歯」という意味です。

トップページに戻る