カタカナ語「クラウン」の意味は? 元となる英単語は2つ!

質問:「クラウン」とは、どういう意味ですか?

回答: 元となる英単語が2つあります:

  1. crown・・・「(かんむり)」
  2. clown・・・「道化師

1. 詳しい意味

1.1. crown

"crown" は「弓の先端」などを意味する古代ギリシャ語「κορώνη(korṓnē)」を語源とする英語で、基本的な意味は「(かんむり)」です。
「冠」とは、「王冠」や「競技の勝者に捧げられる栄誉の冠(月桂冠など)」のことです。

この「冠」の意味が転じて次の意味が生まれました:

  1. 王権(王の権力)
  2. 君主(王など)
  3. (君主制の国の)政府
  4. 頭・帽子・丘などの最上部
  5. 苺やパイナップルのヘタの部分
  6. 歯冠(歯茎から上の部分)、インプラントの義歯
  7. 歯のかぶせ物(ひどい虫歯を治療した後にかぶせる)
"crown" には他にも様々な意味があります。 「戴冠させる」など動詞の意味もあります。

1.2. clown

"clown" は「(サーカスなどの)道化師」という意味です。
典型的な道化師は、ぶかぶかの服を着て、鼻を赤色に塗るなど顔に色を付け、派手な色のカツラをかぶっています。 詳しくは「ピエロとクラウンの違いは? ジェスターやジョーカーとの違いも教えて!」をご覧ください。

2. カタカナ語の「クラウン」

2.1. 自動車の名前「クラウン」

英語に戻すと "crown" 。「王冠」のゴージャスなイメージを醸し出したかったのでしょう。
自動車「クラウン」はエンブレム(ボンネットのマーク)が王冠だったはずです。

2.2. Netflix のドラマ『クラウン』

英語の原題は『The Crown』 。『The Crown』はイギリス女王エリザベス2世と英国王室の人々の姿を描いた作品です。

『The Crown』は「王座」ぐらいの意味でしょう。 "crown" を「君主制の国の政府」や「君主の地位」という意味で用いるときには、"the Crown"(*)という書き方をします。
(*) 常に定冠詞が付き、文中でも "Crown" と大文字で始まる(小文字のこともある)。
"crown" に「王室」という意味はありません。

トップページに戻る