「ココア」と「カカオ」の違いは? どうして音の響きが似ているの?

質問1.:「ココア」と「カカオ」はどう違いますか?

回答1.:「カカオ」は "cacao" をカタカナにした言葉で、カカオ豆のことです。 「テオブロマ・カカオ(Theobroma cacao)」という学名の植物から採れる豆なので「カカオ豆」と呼ばれます。

これに対して「ココア」は "cocoa" をカタカナにした言葉で、カカオ豆から作られる加工品(パウダーなど)を意味します。 この加工品を溶かした飲み物も「ココア」と呼ばれます。
ただし、「カカオ」を(植物ではなく)食品として見るときには、加工前の「カカオ」の時点から「ココア」と呼ぶことが多いようです。 例えば、"cocoa bean(ココア豆)" という言い方は一般的ですし、"cocoa tree(ココアの木)" という言い方もされます。

質問2.:「ココア」と「カカオ」は音の響きが似ていますが、この2つの言葉は語源において関係していますか?

回答2.: 関係しています。 「カカオ(cacao)」が変化して「ココア(cococa)」という言葉が生まれました。

スペイン語から "cacao(カカオ)" という語が英語に輸入され、輸入された "cacao" から18世紀初頭に "cocoa(ココア)" という英語が生じました。

スペイン語では現代でも、「カカオ」と「ココア」両方の意味で "cacao(カカオ)" という語が使われています。

「カカオ(cacao)」から「ココア(cocoa)」 が生まれた経緯に関して、次のような説があります:

  • 「カカオ」と「ココ(coco)」(*)が入り混じって「ココア」という語が生まれた。
    (*) "coco" はココヤシの実。 いわゆるココナッツ)
  • 「カカオ」が「コカオ(cocao)」や「カコア(cacoa)」 に変化したすえに「ココア」になった。

トップページに戻る