「サーティフィケイト」って、どういう意味?

質問.:「サーティフィケイト(サーティフィケート)」の意味を教えて下さい。

回答.:「証明書」という意味です。

詳細

「サーティフィケイト(サーティフィケート)」は "certificate" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"certificate" の基本的な意味

"certificate" は「何かの事実を証明する公的な文書」という意味なので、"certificate" に対応する日本語は「証明書」となります。

「何か」に当たるのは、学業(1)・職業(2)・財産の所有(3)・個人の状態(4)などです。

(1) 卒業証書を発行する資格のない教育機関で課程(コース)の修了や、大学の課程の修了。(「課程の修了」は卒業とは別物。「卒業証書」に対応する英語は "diploma")

(2) 弁護士や医師など資格を求められる職業に従事する資格を有していること。

(3) 例えば、株式や預金。

(4) 出生・死亡・結婚・健康状態など。

"certificate" は、このように色々な意味で使われるので、「何の証明書なのか」を示す言葉と共に使われるのが一般的です。

例えば、株式の所有を示す「株券」は "share certificate" と呼ばれます("share" に「株式」という意味がある)し、出生を示す出生証明書は "certificate of birth" と呼ばれます。

"certificate" のその他の意味

"certificate" には「証明書を発行する」という動詞としての意味もあります。 が、カタカナの「サーティフィケイト」が動詞の意味で使われることは考えにくいです。

英国やアイルランドに限り、"certificate" は「映画の年齢制限(レイティング)」という意味でも使われます。 例えば "certificate 15" は「15禁」ですし、"15 and 18 certificate films" は「15禁映画と18禁映画」という意味です。

トップページに戻る