「セント」の意味を知りた~い! えっ、3つも意味が...?

質問: 英語の「セント」って、どういう意味ですか?

回答: カタカナ語「セント」に対応する英語は次の3つです:

  1. cent・・・通貨の単位「セント」
  2. scent・・・「におい(匂い/臭い)」を意味する名詞
  3. saint・・・「聖人」を意味する名詞

この3つの言葉を以下で詳しく説明します。

1. 通貨単位「セント」

"cent" は米国などで用いられる通貨の単位です。

"cent" の語源は「100」を意味するラテン語 "centum" です。

通貨単位 "cent" には、「基本となる貨幣単位の1/100の価値」という意味が込められています。
例えば米国の場合、基本貨幣単位は「ドル」で、1ドルは100セント。

2.「におい」

"scent" も「セント」と発音します。

「におい」を意味する英語には "smell" や "odor" もありますが、"scent" は「特徴的な匂い」を意味します。

"scent" は「花の匂い」のように良い意味で使われることが多いですが、「スカンクの臭い」など悪い意味で使われることもあります。 良くも悪くも明確な「ニオイ」を意味するのが "scent" です。

"scent" には「犯人や獲物のニオイ(猟犬や警察犬が追う)」や「香水」という意味もあります。
「香水」の意味は主に英国で使われます。

3.「聖人」

「聖人」を意味する英語 "saint" は「セイント」と発音します。 「セイント」が訛ったのが「セント」です。

3.1. 基本的な意味

"saint" はキリスト教の用語です。 意味は次のとおり:
死後に、教会(特にローマ・カトリック教会)から公的に「神聖である」と認められた人物。

聖人は名前の前に称号として "Saint" が付けられます。 例えば、"Saint Patrick(聖パトリック)"。 称号の "Saint" は "St."(あるいは "S.")と省略されるのが一般的です(例. St. Patrick)。

3.2. その他の意味

"saint" は「(キリスト教以外の宗教の)聖人、聖者」や「聖人のように良い人、親切な人、がまん強い人」という意味でも使われます。

"saint" が「がまん強い人」の意味で使われる用例を出しておきましょう。
His wife must have been a saint to put up with him for all those years.
ヤツの奥さんは聖人だったに違いない! あんなに長いことヤツを我慢してきたんだから。

3.3.「セント」は称号

「聖人」を意味するカタカナ語「セント」は「セイント」と違って、称号としてしか用いられないと思います。 「セント」を単独で名詞として使っても意味が通じないことでしょう。 例えば次の用例:

「ひぇ~、セントさまの行進だー!」
セントさまが来たわ!」

「おぅおぅ、セント様のお通りだ、道を開けろ!」
「邪魔だクズ共。 おら、そこのジジイ! そんなとこで腰を抜かしてんじゃねえぞ!」

「ひえぇ、セントさまじゃー」
セントさまが来たぞー」
「逃げろ逃げろー、セントの襲来だー」
これを見て「セント」が「聖人」の意味だと分かる人はいません。 それもこれも、「セント」が称号の意味でしか用いられないからです。
ですが、上の用例の「セント」を「セイント」だったなら、やって来たのが「聖者」だと誰もが理解します。 振る舞いがいかに聖者らしからずとも、「セイント」は「聖者」の意味に理解する他ありません。 仕方がないのです。

聖人の称号「セント」の用例

セントルイス
米国の都市に「セントルイス」ありますが、この都市名を英語に戻すと "St. Louis" です。 聖人として教会に認定された13世紀のフランス国王ルイ9世の名前が都市名に採用されています(*)
(*) のちにセントルイスが作られる地域に17世紀に始めてやって来たヨーロッパ人がフランス人だったからでしょう。
セント・バレンタイン

「バレンタイン・デー」の起源である「セント・バレンタイン(聖バレンタイン、Saint Valentine)」も、キリスト教の聖人の1人です。 バレンタインは、ローマ帝国がキリスト教を迫害していた3世紀に生きた人物です。

トップページに戻る