"can't help it" の意味は「それを助けられない」なのか?

Google 検索の検索ボックスに "can't help it" と入力すると、「それを助けることはできません」という日本語訳がサジェストで表示されます(*)が、この和訳は役に立たないでしょう。
2020年3月末の時点での話です。 やがて修正されるでしょう。

なぜなら、"can't help it" は2つの意味に解釈できるうえ、Google 検索がサジェストするのは使われない方の意味だからです。

"can't help it" の2つの意味

"can't help it" は次の2つの意味に解釈できます:

  1. それを助けられない
  2. それはどうしようもない

Google 検索がサジェストするのは1のほうです。 こちらの意味では、"help" を「助ける」の意味に捉えます。

"help" と聞けば「助ける」という意味が思い浮かぶので1の意味は思いつきやすいのですが、実際には "can't help it" は2の意味でよく使われます。

2つ目の意味について

それでは、どうして "can't help it" が「それはどうしようもない」という意味にもなるのでしょうか?

その答えは、"help" に「避ける・防ぐ・耐える」といった意味もあるからです。 ただし、"help" のこの意味は "can" あるいは "could" を伴う場合に限りますし、肯定文ではあまり用いられません。

例文

"can't help it"

"can't help it" の用例です。
I can't help it.
私には(それは)どうしようもない。

# 直訳は「私はそれを避けられない」です。

"it" が何を指すのかは文脈に依存します。 例えば、鼻くそをほじる・朝寝坊する・貧乏ゆすりをするなどの悪い習慣であったり、何かの衝動的な行動であったりです。
But a man can't help it, it's in his genes.
だが、男はそれ(可愛い女の子についつい目が向いてしまうこと)をどうしようもない。 遺伝子に刻み込まれているんだ。

"can't help it" 以外

"can't help it" 以外で "help" が「避ける・防ぐ・耐える」の意味で使われる例を以下に示します:

"But it's Thanksgiving. Don't you take vacation and spend your time with your family?"

"Not if I can help it."

「でも感謝祭なんだよ。 休暇を取って家族と過ごさないのかい?」

「出来ることなら、そうしたくはない」

# 「出来ることなら、そうしたくはない」とは「それ(家族と過ごすこと)を避けれるなら、家族と過ごさない」ということです。

"Not if I can help it." で省略されている部分を補うと次のようになります:

"I will not spend my time with my family, if I can help it (spending time with my family)."

太字の部分だけが残ったのが、"Not if I can help it." です。 "Not if I can help it." は慣用句としてよく疲れます。 "Not" の後ろにカンマが入っても良さそうなものですが、カンマを入れずに使われるようです。
Sorry everyone, but it can't be helped!
みんな済まない。 でも、(それは)どうしようもないんだ!

# 「(それは)どうしようもない」とは「(それを)避けられない」ということです。 「それ」が何を意味するのかは、この文だけでは不明です。

"it can't be helped" は "can't help it" を受動態にしたものです。 "it can't be helped" もよく使われる慣用句です。
We couldn’t help noticing that you were late.
君の遅刻に我々は気付かざるを得なかった。

# "couldn't help noticing" で「気付くことを避けられなかった」という意味になります。 "notice" は「気付く」という意味の動詞です。

「避ける・防ぐ・耐える」の意味の "help" の目的語は、この例文のように動名詞(~ing)であることもあります。