ラクーン・シティの「ラクーン」の意味は? ラクーン・シティのモデルは?

ゲームや映画の『バイオハザード』の舞台となる都市「ラクーン・シティ」に関するQ&Aです。

1.「ラクーン」の意味は?

「ラクーン」を英語に戻すと "raccoon" で、その意味は「アライグマ」です。

2. そうすると「ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」の意味は?

2022年に公開される映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は「バイオハザード:アライグマ市にようこそ」という意味です。

「バイオハザード」の意味は?

バイオハザード」は「細菌やウイルスなど生物学的なものが人間や環境に引き起こす危険」という意味です。

「バイオハザード」を英語に戻すと "biohazard"。 これを日本語に訳すと「生物災害」です。 ですが日本でも「バイオハザード」というカタカナ語で流通しています。

3. ラクーン・シティは実在の都市?

ラクーン・シティは架空の都市です。

4. ラクーン・シティのモデルとなった都市は?

米国デトロイト市

米国ミシガン州のデトロイト市がラクーン・シティのモデルだという説があります。

映画『バイオハザードIII』のオープニングから6~7分めの映像がデトロイト市にそっくりで、デトロイト川ベル島(デトロイト川の中洲)をはっきり確認できるそうです。

また、ゲームや映画の『バイオハザード』の設定でラクーン・シティは米国の中西部にあるとされますが、デトロイト市の所在地は米国中西部です。

カナダのモントリオール

ゲームの『バイオハザード2』のメイン・メニューの都市の画像がカナダのケベック州にある都市モントリオールのものという話もあります。
ラクーン・シティは実在の都市1つをモデルとするのではなく、実在する複数の都市をモデルにしているのでしょう。

トップページに戻る