「アグリー」の2つの意味

カタカナ語「アグリー」の意味を解説します。

原語

「アグリー」というカタカナ語に対応する英語としては "agree" と "ugly" の2つが考えられます。

原語の意味

"agree"

"agree" は動詞で「同意する」という意味です。 「合致する」や「適する」などの意味もあります。

"ugly"

"ugly" は形容詞で「醜い、目に不快な、不細工な」という意味です。

"ugly" には「(視覚的なものに限らず)不快な、嫌な、不吉な、不機嫌な」といった意味もあります。

カタカナ語の「アグリー」

"agree" の「アグリー」

"agree" のカタカナ語「アグリー」はもっぱら「同意する」の意味で使われます。

例えば「そのプランにアグリーする」や「キミにアグリーだ」などの使い方であれば、その「アグリー」は "agree" のカタカナ語です。
「アグリー」を「同意」に置き換えて意味が通るなら、その「アグリー」は「同意する」の意味です。

"agree" の対義語

"agree" の対義語(意味が反対の言葉)は "disagree" で、この言葉も「ディスアグリー」というカタカナ語で使われることがあるようです。 ただ、「ディスアグリー」は長ったらしいので広まらないと思います。

用例

その、もっとも大事な勝負イメージが、森保ジャパンが「タテへ仕掛けてきた瞬間にあった」ことは誰もがアグリーするでしょ
この認識については、多くのプロマネや技術者がアグリーするだろう。
今回の「社会時評エッセイ318」も非常に興味深く、全面的にアグリーする内容でした。

"ugly" の「アグリー」

"ugly" のカタカナ語「アグリー」はもっぱら「不細工(ブサイク)」の意味で使われるようです。

例えば「そこのオブジェはなんてアグリーなのかしら。 そう、そのオブジェよ。 あなたの首の上についてるやつ」や「アグリーなプランだ。 アグリーなプランだ、と言ったんだ」などの使い方であれば、その「アグリー」は "ugly" のカタカナ語です。 「アグリー」が形容詞として使われています。

用例

「ダサかわいい」スタバの "アグリー" なホリデーグッズ
# この「アグリー」は「ブサかわいい(不細工だけど可愛い)」の意味。
"プリティだけどちょっとアグリー" なバランス
# これも「ブサかわ」。
アグリー・ファッション』が今売れる訳
より着心地の良い、実用的な服装が好まれる中、アグリーなファッションが人気を集めているのは意外とも言える

検索で見つかった用例を見ると、「醜い」の意味の「アグリー」は今のところファッションの分野でよく使われるようです。 バロック調というか、衣服や装飾品に意図的に作り出した歪(いびつ)な部分を指して「アグリー」と言うのでしょう。

「アグリー」がクオーテンション(" ")や括弧(かっこ)でくくられているケースが多いところを見ると、形容詞としての「アグリー」は今まさに普及しつつある最中なのでしょう(まだ一般の層に浸透していないからカッコでくくられる)。

トップページに戻る