「エージェント」の意味をスッキリ整理してみた

「エージェント」という言葉を、映画やマンガ、コンピューター、ビジネスなど様々な分野で見かけますが、実際のところエージェントとはどういう意味なのでしょうか? どうしてスパイのことをエージェントと呼ぶのでしょうか? 英英辞典と国語辞典を駆使して、その謎に迫りました。

「エージェント」は "agent"

「エージェント」は "agent" という英語をカタカナで表記した言葉です。 "agent" の意味は次のようなものです:

  1. "secret agent(諜報員)" の略称。スパイ
  2. 政府機関で働く人
    多くの「スパイ」は政府機関で働く人だろうから、スパイを含む意味だとも言える。
  3. 他の人の代わりに行動する権限や、他の人を代理する権限を与えられた人。 代理人
    例. 「人」は個人または法人。 作家のエージェント、スポーツ選手のエージェント。 エージェントは代理人としてタレントの代わりに仕事を探したり契約を結んだりする。 セールスマン(企業を代理して活動する)もエージェントの一種。 「代理店(エージェンシー)で働く人」という意味もここに分類されます。
  4. 何かを行う・引き起こす・達成するための手段。 道具。
    例. Wind is an agent of plant pollination.(風は植物の受粉のエージェントである)
  5. 何らかの作用を引き起こす物質や生体や現象。
    例. a chemical agent(化学薬品)、an infectious agent(感染体、感染性因子)
  6. 何かを行う人または物。 何かを(能力的あるいは権限的に)行える人または物。
    例. eliminator - an agent that eliminates something(除去器 - 何かを除去する物)
  7. 動詞》(~の)代理人として行動する。
    他動詞と自動詞の意味がある。 例. Who will agent your next book?(あなたの次の著書のエージェントは誰ですか?)

言語学用語としての "agent" には「動作主(「主語」みたいなもの)」という意味もあります。

カタカナの「エージェント」

国語辞典で「エージェント」の意味を調べると次のように記載されています:

  1. 代理人。代理業者。
  2. スパイ。諜報員。
  3. 状況に応じて利用者の意図に沿った一連の作業を自動的に行うコンピューターシステム

カタカナ語の「エージェント」のの意味は英語の "agent" のの意味に対応し、「エージェント」のの意味は "agent" のの意味に対応しています。 「エージェント」のの意味の由来は "agent" のでしょう。

国語辞典には載っていませんが、枯葉剤として知られるエージェント・オレンジやエージェント・パープルの「エージェント」は "agent" のの意味で使われています。

こうしてみると、カタカナ語の「エージェント」には「政府機関で働く人」という意味がありません。

コンピューター用語の「エージェント」

「エージェント」の3の意味に関して、Wiktionary では次のように説明しています:

In the client-server model, the part of the system that performs information preparation and exchange on behalf of a client or server.

Especially in the phrase “intelligent agent” it implies some kind of autonomous process which can communicate with other agents to perform some collective task on behalf of one or more humans.

(エージェントとは)クライアント-サーバー・モデルにおいて、システムのうちクライアントまたはサーバーの代わりに情報を準備および交換する部分。

"intelligent agent" という表現では、「エージェント」は特に次の意味合いで使われる: 他のエージェントと連絡を取り人の代わりに収集作業を行う自律的なプロセス。

「エージェント」の意味の変遷

"agent" の語源は「行う」などを意味するラテン語 "agere" です。 推測になりますが、当初は「行う」という意味だった "agent" が「スパイ」という意味を持つに至ったステップは次のような感じかもしれません:

行う → 行うもの(者/物) → 何かを行うための道具 → そんな道具みたいな役割の人(代理人) → 政府の代理人 → 政府の職員 → 諜報関係の政府職員 → スパイ