「ワイドショーハイ」の意味

「ワイドショーハイ」とは「ワイドショーでテンションが上り気分がハイになる」という意味だと思われます。

この言葉の生みの親である加藤浩次さんは「ワイドショーハイ」に関して次のように述べています:

「ランナーズハイによく似たもの。 使命感、生放送で言わないといけないと勝手に背負いだして、ワワワーと言うてもうた」

「ワイドショーハイ」は「ワイドショー」と「ハイ」の2つの言葉で構成されています。 「ワイドショー・ハイ」というわけです。

「ワイドショー・ハイ」を英語で言うと "tabloid show high" です。 英語でも日本語の「ハイ」と同じような意味で "high" という語を使います。 「ワイドショー」は和製英語なので、英語にするときには "tabloid show" や "talk show" などの表現を使います。