「to 不定詞」のわかりやすい説明

英語の不定詞には、「to+動詞」という「To不定詞」と動詞の原形だけの「原形不定詞」の2種類がありますが、このページではTo不定詞について説明します。 以下の説明において「不定詞」という言葉は「To不定詞」を意味します。

To不定詞とは

To不定詞とは、「to+動詞(の原形)」という組み合わせが名詞・形容詞・副詞として使われることです。

名詞的用法

「to+動詞」が名詞として使われる場合を「不定詞の名詞的用法」と言います。 「to+動詞」を「~すること」と訳して意味が通じるなら、その不定詞は名詞的用法でしょう。

下記のように、名詞的用法の不定詞は名詞と同じ機能を果たします。

Manipulation is necessary.
操作が必要だ。
To manipulate is necessary.
操作することが必要だ。

日本語の「操作が必要だ」と「操作することが必要だ」が同じ意味であるのと同様に、英語の "Manipulation is necessary." と "To manipulate is necessary." も同じ意味です。

名詞(manipulation)が来る位置に不定詞の名詞的用法(to manipulate)が来ることができるというわけです。
実際には、"To manipulate is necessary." と言う場合には形式主語を用いて "It is necessary to manipulate." という言い方をします。 この場合、形式主語である "It" の中身が "to manipulate" です。

名詞的用法にしかできないコト

ただし、名詞では表現できず不定詞の名詞的用法でしか表現できないコトもあります。 だからこそ、不定詞の名詞的用法というのが出来たのでしょう。

生粋の名詞にはムリで不定詞の名詞的用法であれば表現できるコトとは、「~を...すること」という表現が含まれた内容です。

例えば、"pay(支払う)" という動詞には、これに対応する名詞 "payment(支払い)" が存在しますが、"pay 108 yen(108円を支払う)" という「動詞+目的語」に対応する名詞は存在しません。

これは、"pay" という動作の対象となるのが108円だけでは無いためです。 "pay" という動詞が108円以外の金額と共に使われることの方がむしろ多いのに、"payment" に「108円を支払う」という意味を持たせたり、"108-payment" などという単語を新たに作る(新しい言葉を作ることを英語で "coin" と言います)のが非効率的だからです。

17円玉や1124円札などの通貨が作られないのと同様に、「108円を支払うこと」を一語で表す名詞は存在しません。 しかしながら、英語でも日本語と同様に「108円を支払うこと」などの表現が必要な場面というのは当然存在します。

不定詞の名詞的用法を用いることで、どのような動詞でも、あるいはどのような動詞がどのような名詞と組み合わされていても、それを名詞化することが出来ます。

例えば、
pay 10,000 USD by the end of the month on condition that...
月末までに米ドルで1万ドルを支払う
という複雑な行為でも、次のように動詞の前に to を付けるだけで簡単に名詞化できます:
to pay 10,000 USD by the end of the month on condition that...
...を条件として月末までに米ドルで1万ドルを支払うこと

こうして作り出された "to pay 10,000 USD..." は名詞と同じ機能を持つので、名詞を使うのとほぼ同じ場所に使うことができます。

名詞的用法が使われる場所

不定詞の名詞的用法は生粋の名詞と同じ役割を果たすわけですから、生粋の名詞が用いられるのとほぼ同じ場所に使われます。 すなわち次の3箇所です:

主語

[To spank a child] may exacerbate the child's aggressiveness.
[子供に体罰を加えること] は、子供の攻撃性を悪化させるかもしれない。

動詞の目的語

He likes [to spank his child].
彼は [自分の子供に体罰を加えること] を好む。

補語

His hobby is [to make people feel uncomfortable].
彼の趣味は [他人にバツの悪い思いをさせること] だ。

名詞的用法が使われない場所

不定詞の名詞的用法は、間接目的語(SVOOの2つ目のO)・目的格補語(SVOCのC)・前置詞の目的語の位置には来ることができません。 こうした位置に動名的な性質を持つ名詞が必要な場合には動名詞が用いられます。

ただし「前置詞の目的語」に関しては、不定詞に主語が付いている場合に前置詞の目的語として不定詞を用いられます。
They waited patiently for her to come back.
彼らは彼女が戻ってくるのを辛抱強く待った。

上の例文では "come back" の主語に当たる "for her" を挟んで、"to come back" という不定詞が前置詞 "for" の目的語となっています。

形容詞的用法

不定詞の形容詞的用法も名詞的用法と同様に、生粋の形容詞と同じく修飾対象の名詞について説明をするという働きをします。 したがって、文中の形容詞を不定詞の形容詞的用法と取り替えても文法的に正しい文となります。

ただし、生粋の形容詞が一部の例外を除いて修飾対象の名詞(例えば "edible flower" の "flower")の前に来るのに対して、不定詞の形容詞的用法は名詞の後ろに来ます。
They are growing some edible flowers.
彼らは食用の花を育てている。
They are growing some flowers to eat.
彼らは食べるための花を育てている。

日本語との違いに注意が必要な点

例えば「木に登る」という表現を不定詞の形容詞的用法に変換する場合には、英語と日本語に違いは生じません:
climb a magnificent tree(素晴らしい木に登る) ⇒ a magnificent tree to climb
登るための素晴らしい木 → 登るのにうってつけの木
ところが「ベッドで眠る」という表現を同様に変換する場合には、英語と日本語で前置詞の扱いに違いが生じます:
sleep in a proper bed(適切なベッドで眠る) ⇒ a proper bed to sleep in
眠るための適切なベッド → 眠るのにふさわしい(適切な)ベッド
上記のように英語では不定詞の表現になったときに前置詞(この例では "in")が残ります。 仮に日本語で英語のように前置詞が残るとすると、次のようにおかしな日本語になります:
眠るには最高のベッド」
これを文の中に使えば次のようになります:
「わたしは眠るには最高のベッドが欲しい」
I want a magnificent bed to sleep in.

「動詞+前置詞+名詞」という構造が「名詞+不定詞の形容詞的用法(to +動詞+前置詞)」という構造に変換される場合には、このような現象が必ず生じます。

具体例①

例えば "talk about many things" という表現を不定詞にする場合にも次のようになります(日本語のほうの灰色の部分は "talk about many things" が不定詞になったときに消滅する):
"We have many things to talk about.
について話すべきことが多数ある。

具体例②

A piece of furniture for one person to sit on, which has a back, a seat, and four legs.
人が座るための家具であって、背もたれ・シート・4本の脚を備えているもの。

この "on" も「~に座る(sit on)」の「~に」に当たる部分が残ったものです。 つまり、日本語では「家具に座る ⇒ 座るための家具」という具合に「~に」が消滅しますが、英語では「家具に座る ⇒ 座るための家具」という具合に「~に」が残るというわけです。

"sit" という動作の対象となる "a piece of furniture" が残っているのに、その "a piece of furniture" と "sit" の間をつなぐ役目をする "on" が無くなってしまうのはおかしいという発想なのでしょう。

副詞的用法

副詞の機能は、形容詞の修飾・副詞の修飾(副詞の修飾には副詞が用いられる)・文全体の修飾などですが、形容詞の修飾や副詞の修飾に用いられている不定詞の副詞的用法に関しては、生粋の副詞にきれいに置き換えられる例はあまりありません。

これは、一語だけの副詞には様態(どのようにか)を表す語が多いのに対して、不定詞の副詞的用法は目的・結果・原因など様々な意味を表すためです。 それはつまり、不定詞の副詞的用法が無ければ表現できない内容がいかに多いかということでもあります。

しかし、「副詞 ⇔ 不定詞の副詞的用法」 をきれいに置換できる例が無いわけでもないので、いくつか例を挙げてみましょう:

He tried to climb the cliff again, only to fail.
彼は再び崖を登ろうとしたが失敗に終わった。
He tried to climb the cliff again unsuccessfully.
彼は崖を登ろうとしたが成功しなかった。
上記の例では、"unsuccessfully" という語が生粋の副詞にしては珍しく「結果」を意味しているために、不定詞の副詞的用法との置き換えが成立しています。
To be frank with you, I hate Helicopters because they are really loud when they pass my house."
率直に言えば、ヘリコプターは自宅の上空を飛ばれるときに音がうるさいので大嫌いだ。
Frankly, I hate helicopters because they are really loud when they pass my house.
正直、ヘリコプターは自宅の上空を飛ばれるときに音がうるさいので大嫌いだ。

こちらは文副詞の例です。 文副詞は「strange to say ⇔ strangely」や「to begin with ⇔ firstly」 などのように、副詞一語に置き換えられる副詞的用法の例が多々あります。

不定詞の主語

不定詞の主語とは、「to+動詞」で表される動作を行う人やモノのことです。 不定詞の主語は文や節ののメインの主語と同じである場合には省略されています。 不定詞の主語を使いたいときには一般的に、その前に前置詞 "for"(場合によっては "of")を置きます:
I reluctantly accepted for her to return the item for a refund but when I received the item i wasn't even really sure it was the item I'd originally sent out.
彼女が返品するのを仕方なく認めたが、返品されてきた商品を見ると、そもそも私が発送した商品と同一物かどうかも怪しかった。

"to return(返品する)" という不定詞の主語が "her" となっており、その "her" を使うために "for" が用いられています。

上記例文の不定詞の部分を that 節に置き換えると次のようになります:
"I reluctantly accepted that she returned the item for a refund..."
不定詞が "kind" や "wise" など人の性質を表す形容詞と共に用いられる場合には、"for" の代わりに "of" を用います。
It is wise of you to wear the helm.
ヘルメットをかぶっているのは賢明だね。

不定詞の主語を示すのに "for(of)" が用いられないケース

名詞的用法で不定詞が目的語として使われる場合には、不定詞の主語を示すのに "for" が用いられないケースもあります。 例えば次のようなものです。
I don't want anyone to help me.
私は誰にも助けられたくない。
# "to help(助ける)" の主語は "anyone" だが、"anyone" の前に "for" が使われていない。
The judge ordered the accused to stand up.
裁判官は被告人に立ち上がるよう命じた。
# "to stand up(立ち上がる)" の主語は "the accused(被告人)" だが、"the accused" の前に "for" が使われていない。
不定詞の主語の前に "for" が必要かどうかは、不定詞の名詞的用法を目的語として取る動詞(上の例で言えば "want" や "order")のタイプによります。