「ザ・ファブル」の意味

「ザ・ファブル」という漫画があり 2019年には映画も公開される予定ですが、この「ファブル」は一体どういう意味なのでしょうか?

「ファブル」は "fable"

「ファブル」は "fable" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"fable" の意味

それでは、その "fable" はどういう意味なのでしょうか?

"fable" には次のような意味があります:

名詞

  1. 寓話。 教訓を伝える道徳的な内容の短いお話。擬人化された動物が主人公であることが多い。
  2. 伝説、神話。 伝説的な人物や偉業を伝える物語。 神話的あるいは超自然的な人物や出来事に関する物語。
  3. 作り話、事実に基づかない話、嘘

動詞

  1. (事実でないことを)事実であるかのように語る。 嘘をつく。
  2. 〈古い用法〉 寓話を語る。 寓話を作る。

「ファブル」の意味

漫画「ザ・ファブル」の「ファブル」は、「神話」あるいは「伝説」という意味である可能性が高いでしょう。 ひょっとすれば、「寓話」や「作り話」という意味も込められているのかもしれませんけれど。
「ザ・ファブル」の「」は英語の定冠詞 "the" をカタカナにしたものです。 日本語にはこの「ザ」に対応する言葉が存在ないので無視して構いません。

「ファーブル」とは別物

ザ・ファブル」の「ファブル」と「ファーブル昆虫記」の「ファーブル」は別の言葉です。

「ザ・ファブル」の「ファブル」の原語は上記のように "fable" です。 "fable" の発音は「ファブル」あるいは「フェイブル」で、"fable" を「ファーブル」と発音することはありません
"fable" の実際の発音は「ファバル」や「フェイバル」に近いのですが、"-ble" をカタカナ語にするときには「バル」ではなく「ブル」とするのが一般的です。

これに対して、「ファーブル昆虫記」の「ファーブル」は "Fabre" という人名です。 「ファーブル昆虫記」の「ファーブル」というのは、この本の著者であるジャン・アンリ・ファーブル(Jean-Henri Casimir Fabre、1823~1915年)のことです。

「ファブル」と「ファーブル」は綴(つづ)りからして違う別の言葉だったのです。 1つ賢くなりましたね。 私も1つ賢くなりました。