「レーズン」と「ぶどう」の違い

この世には「レーズン」というものがありますが、ブドウ(グレープ)とはどう違うのでしょうか?

「レーズン」は "raisin"

「レーズン」は "raisin" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"raisin" の意味

"raisin" は「干しブドウ」という意味です。 ブドウを天日または人工的な手段により乾燥させたものが "raisin" です。 したがって、「レーズン」も「干しブドウ」という意味になります。

国による用法の違い

米国では「レーズン」という干しブドウ全般を指しますが、英国・オーストラリア・ニュージーランドでは「レーズン」は黒くて粒が大きい品種のブドウを乾燥させたものだけを指します。

英国・オーストラリア・ニュージーランドでは、白ブドウ(赤系や黒系でない緑色のブドウ)を乾燥させて作られる黄色っぽい干しブドウは「スルタナ(sultana)1」と呼ばれ、小粒の黒いブドウ(Black Corinth grape)を乾燥させて作られる(乾燥後には4mmほどのサイズになる)干しブドウは「カラント(currant)2」と呼ばれます。

1 "sultana" は黄色っぽい干しブドウという意味だけでなく、その干しブドウの原料となる白ブドウ(主に Thompson と呼ばれる種無しブドウ)の意味でも使われます。

2 "currant" には「スグリ属の植物(Ribes)や、その果実」という意味もあります。 "Black Corinth grape" は学名を "Vitis vinifera" と言う植物(ブドウの一種)なので、"Ribes" とは全く異なる植物です。

"Ribes" はユキノシタ目スグリ科の植物ですが、"Vitis vinifera" は Vitales目ブドウ科の植物です(Vitales目は新しい分類であるらしく、対応する日本語が辞書に載っていない)。

"raisin" の語源

"raisin" の語源を突き詰めると、「ブドウやベリー類の一房(ひとふさ)」を意味するラテン語 "racēmus" にたどり着きます。 "racēmus" から古フランス語を経由して英語に輸入され、14~15世紀頃に "raisin" として定着しました。