「アースクエイク」の「クエイク」の意味

「地震」を意味するカタカナ語「アースクエイク」の「アース」が「大地・地面・地球」を意味する英語 "earth" であることはよく知られていますが、「アースクエイク」の「クエイク」の方にはどういった意味があるのでしょうか?

「クエイク」は "quake"

「アースクエイク」の原語は "earthquake" です。

"earthquake" のうち "earth" がカタカナの「アース」に対応しますから、残る "quake" が「クエイク」に対応すると考えられます。

辞書で "quake" を調べると、"quake" という語が辞書に載っています。

"quake" の意味

"quake" の意味は、「(衝撃・不安定さ・恐怖などの強い感情・寒さで)震える・揺れる・振動する」というものです。

"quake" は「振動」を意味する語として、かなり広い範囲の意味を持っている(様々な震える理由や震え方を網羅している)と言えます。

"quake" には名詞の意味もあり、名詞として使われる場合には「揺れること、震えること」という意味になります。

くだけた表現では、名詞の "quake" が「地震」を意味する "earthquake(地震)" を略した単語としても使われます。 つまり、"quake" だけで「地震」の意味になり得ます。