"No~, no life" の意味。 "No game, no life" とか "No music, no life" とか

この世には例えば "No game, no life" などのように "No~, no life" という英語表現が存在しますが、この表現は一体どういう意味でしょうか?

意味

"No~, no life" を逐語訳すると、多くのケースでは「~がなければ、人生はない」という意味になります。 「~がないんじゃ人生(を生きている/楽しんでいる)とは言えない」ということです。 日本語に「~なくして、なんの人生かな」という言い方がありますが、それと同じ意味です。

したがって、"No game, no life" なら「ゲームなくして、なんの人生かな」という意味です。 ゲームが無い人生なんてあり得ない、ゲームが無い人生なんて人生じゃない、ゲームが無い人生なんて生きている意味がないと言いたいわけです。

ただし "life" を「生命」と訳すのが適切なこともあり、そういう場合には「~なくして、なんの人生かな」と訳すのは正しくありません(下記の用例を参照)。

用例

以下はネットで見つけてきた用例です。

No meat, no life!
お肉なくして人生なし!
# 焼き肉好きの人の魂の叫びです。
No Music. No Life
音楽なくして、なんの人生かな。
# "No Music" と "No Life" がピリオド(.)で区切られていますが、本来はカンマ(,)でなくてはなりません。 カンマで区切られている用例(No music, no Life)もありましたが、あえてピリオドで区切られているものを記載しました。
No Anime No Life
アニメなくして、なんの人生かな。
# こちらはカンマもピリオドもありませんね。 本来は "No anime" の後ろにカンマが必要です。
NO INSECT NO LIFE
昆虫なくして、なんの人生かな。
# 「香川照之プロデュース昆虫服育ブランド」のTシャツに印刷されているフレーズであるようです。 つまり、日本人の英語。
No car no Life
自動車なくして、なんの人生かな。
# 「No car no Life」は「おぎやはぎ」というお笑い芸人が運営しているサイトの名称です。
No Photo No Life
写真なくして、なんの人生かな。
# No Photo No Life は複数の使用例がありますが、日本語のサイトのものが少なからず見つかります(日本から検索している影響もあるかもしれませんが、英語版の Google で検索しても日本語のサイトがヒットする)。 "No~, no life" という表現は日本で人気があるように思われます。 和製英語というわけではありませんが。
NO BASEBALL, NO LIFE
野球なくして、なんの人生かな。
No Football, No Life
フットボールなくして、なんの人生かな。
# フットボールの意味は英語圏でも国により異なります。 サッカーだったりラグビーだったりアメフトだったり。

No you, no life

Baby no you, there’s no life

If there’s no you, no life

お前なくしてなんの人生かな

ベイビー、お前がいなけりゃ人生なんて無いも同然だぜ

お前がいなけりゃ、人生なしだぜ(充実した人生を過ごせないぜ)

# 歌の歌詞です。 "No you" を言い換えて "If there’s no you(もしもあなたがいないなら)" と言い、"no life" を言い換えて "there’s no life(人生は存在しない)" と言っています。 解説にピッタリの歌詞ですね。 まことに都合が良い。

この用例で、"No~, no life" が「もし~がないなら、...も無い」という意味であることを確認できます。
No Water No Life
水がなければ生命は存在しない。

# この用例は、ここまでの用例と毛色が違います。 意味の基本が「もし~がないなら、...も無い」である点は他の用例と同じですが、この逐語訳から意訳への移行においてこの用例は他の用例と異なります。「水なくして、なんの生命かな」と訳すと意味がおかしくなりますから。

この用例では "life" を「人生」ではなく「生命」の意味で使っているので、意訳の段階で他の用例と意味が違ってきます。

"life" を「人生」の意味に解釈すれば「水なくして、なんの人生かな」という意訳もあり得ます。 名水の飲み比べが趣味の人なら言ってもおかしくはないセリフです。 けれど、そういう人は珍しいでしょうから、"No Water No Life" は素直に「水がなければ生命は存在しない」という意味に解釈しておきましょう。
No Friend No Life
友人なくして、なんの人生かな。
No job. No friends. No life. Please help.
職なし。友人なし。人生なし。助けてください。

# 助けを求めるニートの悲痛な声です。 しっかりと受け止めてあげましょう。

この用例は、"No job. No friends. No life." と、カンマでなくピリオドで区切られています。 そこからも分かるように、"No job. No friends. No life." はif節(上述の歌詞の用例にでてきた "If there’s no...")でつながった文を簡略化したものではありません。 単に言葉を列挙しているだけです。

"No life" を上では「人生なし」と訳していますが、これは「人生を生きているとは言えない状況だ。 仕事もせず遊びもせず、苦悶のうちにただ虚しい時間を過ごしている」という感じの意味です。

類似する用例

"No~, no life" は "No~, no..." という英語の表現技法の1つに過ぎません。

"No~, no..." の基本的な訳は「~がなければ...もない」です。 自然な日本語として「~なくして...なし」と訳せることが多いでしょう。

No education, no life
教育なくして人生なし
# 導入として "No..., no life" のパターンを置いておきます。 下の用例と比較してみてください。 この用例は「教育なくして、なんの人生かな」と訳すと意味がおかしくなると思います。「~なくして、なんの人生かな」は人生の醍醐味たる行為について述べるものでしょうから。 「教育なくして、なんの人生かな」とすると教育が人生の主要な楽しみであると言ってるように聞こえます。
No education, no good jobs
教育なくして良い仕事なし
# 「しっかりと教育を受けていないと良い仕事に就けませんよ」という趣旨の言葉です。
No Education = No Future
無教育=将来なし
# "No Education, no Future(教育なくして将来なし)" と言っていることは同じです。 この用例から、"No~, no..." も、「No~」と「no...」がイコール記号で結ばれるような関係にあることがわかります。
without you, no education, no future!
あなたがいなければ無教育で将来もないよ!

# この例文は "No you, no education, no future!" に書き換えられるでしょう。 "no education, no future" だけでも「無教育なら将来性なし」という意味になるので、"No you, no education, no future!" の意味の捉え方は難しいのですが、「あなたがいなければ → 無教育になって → 無教育だから将来もないよ!」ということかもしれません。 "no education" と "no future" の間に "and" があって、それを省略しているだけかもしれません。 その場合は「あなたがいなければ無教育かつ無将来だよ!」となります。

冒頭の"without" について: 上の用例に、"No~" が "If there's no..." の意味であることを示唆するものがありましたが、仮定法(if)の用法の1つに、"if" の代わりに "without" を使うものがあります。 すごく荒っぽい説明になりますが、"If there's no..." = "Without..." = "No..." です。

「あなた」が誰なのかは不明です。
No Challenge No Change
挑戦なくして変化なし。
# どっかの政治家やCEO(企業のトップ)が言いそうなセリフです。
no work no pay
仕事せずして(賃金の)支払いなし
# 有給休暇を否定する発言です。
No Work, No Meal
仕事せずして食事なし
# いわゆる「働かざるもの食うべからず」というやつです。